2017年11月20日

2016年鎌倉検定2級の問題からpickupする(16)

 鎌倉検定合格を目指して、2016年の過去問を見ながら今の鎌倉を見てみましょう。
  なお、今年の鎌倉検定の試験日は、平成29年11月26日(日)です。

  今回は、「芸術・文化について」です。
❖ 芸術・文化について,次の説明文の〔   〕に最も適当なものを1 〜 4 から選びなさい。
  風光明媚な鎌倉にアトリエを構えた芸術家は多い。
  彫刻家〔 66 〕は渡仏してロダン,マイヨールの影響を受けた作品を手がけ,
 その晩年には,〔 67 〕に住居とアトリエを構えた。洋画家〔 68 〕は,材木
 座の〔 69 〕をアトリエにして「鎌倉にて」や「雲」などの絵画を制作した。
  また,挿絵や人物肖像画で知られる日本画家鏑木清方は初め材木座,のちに
 〔 70 〕にアトリエを構えていた。
 この終焉の地である旧居跡に1998 年(平成10),記念美術館が開館した。
  (66) 1 高田博厚  2 高村光雲  3 高村光太郎  4 荻原守衛
  (67) 1 材木座   2 由比ヶ浜  3 七里ヶ浜   4 稲村ヶ崎
  (68) 1 有島生馬  2 黒田清輝  3 梅原龍三郎  4 岸田劉生
  (69) 1 妙長寺   2 啓運寺   3 向福寺    4 延命寺
  (70) 1 雪ノ下   2 二階堂   3 浄明寺    4 十二所
 

明治時代以降の芸術・文化
 明治時代以降の鎌倉は、美術と深い関係をもった作家が大勢います。
 ・彫刻では、フランス近代彫刻の影響を受けた高田博厚(たかた ひろあつ)がいます。
  1900年(明治33)〜1987年(昭和62)。
  1966年(昭和41)、稲村ヶ崎に住居を構えました。
 ・近代洋画の基礎を作ったフランス帰りの黒田清輝(くろだ せいき)がいます。
  1866年(慶応2)〜1924年(大正13)。
  材木座の啓運寺をアトリエにし、絵画を制作しました
 ・日本画では、風俗画を得意とした鏑木清方(かぶらき きよかた)がいます。
  1878年(明治11)〜1972年(昭和47)。
  没後、雪ノ下の旧居跡が「鎌倉市鏑木清方記念美術館」として開館しました。

正解は、
(66) 1 高田博厚
 (67) 4 稲村ヶ崎
 (68) 2 黒田清輝
 (69) 2 啓運寺
 (70) 1 雪ノ下
 」です。 

稲村ヶ崎
 彫刻家高田博厚ゆかりのこの土地には、作家有島生馬も新渡戸稲造の別荘に移転し、洋風建築のアトリエを構えていました。
稲村ヶ崎の東側と西側
 ・鎌倉の海岸線を由比ヶ浜と七里ヶ浜に分ける岬の地形が、まるで稲束を積み上げたように見えることから、地名の由来になったといわれています
 稲村ヶ崎東側.JPG

 稲村ヶ崎西側.JPG

稲村ヶ崎のあれこれ
 稲村ヶ崎公園.JPG
 ・公園内には、「かながわの景勝50選 稲村が崎」と刻まれた石碑が置いてあります。
 ・新田義貞による黄金の太刀と龍神の伝説があり、「新田義貞徒渉伝説地」の石碑が置いてあります。
 ・1910年(明治43)、七里ヶ浜沖で起きた逗子開成中学生のボート転覆海難事故の慰霊碑があります。
 ・近代細菌学者の祖といわれるドイツ人「ロベルト・コッホの記念碑」があります。

 ・2002年(平成14)まで海水浴場としてもにぎわっていましたが、波による浸食が激しく、砂浜も少なくなり閉鎖されました。
 現在では、「材木座海水浴場」「由比ガ浜海水浴場」「腰越海水浴場」の3か所です。

 ・2008年(平成20)から、交通渋滞の緩和策と歩行環境の改善を目的として「パーク&レールライド」を実施しています。
 鎌倉では、「由比ヶ浜」、「七里ヶ浜」でも実施されています。 

啓運寺(材木座)
 日蓮宗。1483年創建。開山は啓運日澄。
 洋画家の黒田清輝が、本堂を一時アトリエとしました。

鎌倉市鏑木清方記念美術館(雪ノ下)
 鏑木清方記念美術館.JPG
 ・日本画家の鏑木清方は、東京神田で生まれ、挿絵画家として出発し、のちに肉筆画に転じ、清らかで優美な女性の姿や庶民の生活、樋口一葉や泉鏡花の作品を主な題材として数多くの作品を残しました。

 ・1946年(昭和21)、材木座に転居した清方は、文化勲章を受章した1954年(昭和29)に、雪ノ下に画室を設け、93歳で亡くなるまでここで過ごしました。

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | 鎌倉検定(過去問) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

2016年鎌倉検定2級の問題からpickupする(15)

 鎌倉検定合格を目指して、2016年の過去問を見ながら今の鎌倉を見てみましょう。
  なお、今年の鎌倉検定の試験日は、平成29年11月26日(日)です。

 今回は、「鎌倉に伝わる伝説について」です。
❖ 芸術・文化に関する記述について,最も適当なものを1 〜 4 から選びなさい。
(63) 鎌倉に伝わる伝説について,次の説明文で内容に誤りを含むものはどれか。
  1 江戸時代,建長寺の三門(山門)を修復するために,タヌキが僧に化けて喜捨を
   集めたという伝説がある。
  2 『御伽草子』によれば,木曽義仲の家臣手塚光盛の娘唐糸は,義仲を討とうとす
   る源頼朝の暗殺に失敗して幽閉されたが,娘の万寿姫のみごとな舞いのおかげで
   救い出された。
  3 金槌を意味するゲンノウの語源は,「殺生石」に化けたキツネを退治した源翁禅
   師の逸話に由来するといわれる。
  4 夷堂橋から滑川に落とした十文を,五十文の松明を買って,探させた青砥藤綱は
   お金が回っていくことの重要性を説いた。
 

伝説の関係する場所
 1番は、建長寺の三門。
 2番は、御伽草子の『唐糸草子』ゆかりの「唐糸やぐら」。(非公開)
  名越から浄明寺に抜ける釈迦堂切通の上方にある釈迦堂ヶ谷奥やぐら群にあります。
 3番は、源翁禅師は海蔵寺の開山。
 4番は、青砥藤綱の銭拾い伝説がある東勝寺橋

正解は、「4 夷堂橋」です。 

東勝寺橋のたもとにある「青砥藤綱旧蹟」の石碑
青砥藤綱旧蹟の石碑.JPG太平記によれば、藤綱は北条時宗、貞時の二代仕えて引付衆の役に連なった人物であるといわれています。
ある夜の出仕の際、誤って銭十文を滑川に落したので、五十文のたいまつを買って水の中を照らしてお金を探し、ついにそのお金を探し出しました。時に人々は小利大損と嘲け笑いました。
しかし藤綱は、「十文は小さいが、これを無くすことは天下の財産を無くすことである。五十文は自分の損であってもが、人々の為になったのである。」と諭しました。この物語は、この辺りであったことと伝えられています。

東勝寺橋(小町)
 東勝寺橋は、東勝寺跡の前にある滑川に架かる1924年(大正13)に建造されたアーチ橋です。
 鎌倉の「景観重要建築物等」の一つです。
 東勝寺橋1.JPG

 東勝寺橋2.JPG

 東勝寺橋3.JPG
 ※「鎌倉市HP:景観重要建築物等―東勝寺橋」を参照。

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | 鎌倉検定(過去問) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

2016年鎌倉検定2級の問題からpickupする(14)

 鎌倉検定合格を目指して、2016年の過去問を見ながら、今の鎌倉を見てみましょう。
  なお、今年の鎌倉検定の試験日は、平成29年11月26日(日)です。

 今回は、「雲龍図について」です。
❖ 芸術・文化に関する記述について,最も適当なものを1 〜 4 から選びなさい。
(56) 建長寺法堂の天井絵『雲龍図』に描かれている龍が玉を握る手の爪は何本か。
  1  3本   2  4本    3  5本   4  6本
 

龍の爪の本数
 建長寺法堂の天井には、十二所に在住していた画家小泉淳作の「雲龍図」が描かれています。
 中国では「五爪の龍」は皇帝しか使うことしかできないので、伝統的な日本の龍の絵は三爪で描かれてきました。
 しかし、小泉淳作の描いた建長寺の雲龍図は、本来の爪の数として「五爪の龍」となっています。

正解は、「3  5本」です。 

建長寺法堂とその天井の雲龍図
 建長寺法堂.JPG

 建長寺雲龍図.JPG

円覚寺仏殿の天井には、前田青邨監修、守屋多々志揮毫の「三爪の白龍図」
 円覚寺仏殿.JPG

 円覚寺白龍図.JPG

常楽寺仏殿の天井には、狩野雪信の「三爪の雲龍図」
 常楽寺仏殿.JPG

 常楽寺雲龍図.JPG
 ※「雲龍の伝説
  ・この龍は毎夜水を飲みに出かけるので、お堂に騒音が絶えなかった。
  ・そこで出歩かないように両目を塗りつぶしたところ、音が止んだということです。
  ・今もなお龍には瞳が描かれていないということです。

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | 鎌倉検定(過去問) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする