2019年09月15日

鎌倉壽福寺の今は 2019.9

いつの季節でも静かな雰囲気が漂う鎌倉五山第三位の「壽福寺」を見てみました。

亀谷山壽福金剛禅寺(扇ガ谷)
 ・1200年、北条政子が、日本に初めて臨済禅を伝えた臨済宗の祖、栄西を招いて開山
  しました。
 ・この地一帯は、源頼朝の父義朝の屋敷跡とされています。

 ※「栄西の像」は、鎌倉国宝館にて収蔵→「ココ」を参照。

壽福寺総門
 壽福寺総門.JPG

総門前左側には、鎌倉五山を示す石塔が置かれています
 鎌倉五山の石塔.JPG

中門に向かう参道は、実に静かな雰囲気で心落ち着きます
 壽福寺参道行き.JPG

「中門」までは拝観可で、それより先は、正月及び鎌倉まつり以外は通常非公開です
 壽福寺山門.JPG

市指定天然記念物の「ビャクシン」の奥に「仏殿」があります
 壽福寺仏殿.JPG

仏殿の前には「タマスダレ」と思われる花が両脇に咲いています
 壽福寺タマスダレ.JPG

中門から右側を見ると、「鐘楼」が見えます
 壽福寺鐘楼.JPG

中門から引き返して、総門へ向かう参道は、いっそう静寂さが染み入ります
 壽福寺参道帰り.JPG

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 日記_2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

鎌倉海蔵寺の今は 2019.9

夏も終わろうとしている中、鎌倉有数の花の寺としても知られている「海蔵寺」を見てみました。
ハギは、これからが楽しみです。

扇谷山海蔵寺(扇ガ谷)
 ・1394年創建。開山は、謡曲「殺生石」で知られる心昭空外(源翁禅師)。
  開基は、上杉氏定。鎌倉公方足利氏満の命により創建されました。
海蔵寺拝観入口の様子(右側に「底脱ノ井」が見えます)
 海蔵寺.JPG

鎌倉十井の一つ「底脱ノ井」
 底脱ノ井.JPG

山門前の階段を覆う「ハギ」は、見頃はこれからです
 海蔵寺ハギ1.JPG

 海蔵寺ハギ2.JPG

山門から覗いた「本堂や鐘楼」など、境内の様子
 山門から境内.JPG

江戸時代建立の茅葺きの「庫裏」を本堂側から見る
 海蔵寺庫裏.JPG

本堂裏に回って、庭園の様子を見ます
 海蔵寺庭園.JPG

境内の庭には「フヨウ」が、いくつか咲いています
 海蔵寺フヨウ1.JPG

 海蔵寺フヨウ2.JPG

10月の花「シオン」が大きく伸びていて、すでに小さく咲いています
 海蔵寺シオン1.JPG

 海蔵寺シオン2.JPG

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 日記_2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

ふりかえり鎌倉―鎌倉の名産品の一つ鎌倉彫(鎌倉検定:産業・生活編(8))

鎌倉検定過去問を振り返り、鎌倉を楽しむ回として情報をお届けします。

今回は、「鎌倉の名産品の一つ鎌倉彫について」です。
設問
@鎌倉を代表する名産品の一つである鎌倉彫は、中国のある王朝の文化の影響を強く受けて成立したと考えられているが、その王朝は何か。
A鎌倉彫は、宋の工人、陳和卿の持ってきた彫漆工芸を、運慶の子が真似て仏具を作ったのが最初といわれるが、その人物は誰か。
B1979年(昭和54)には神奈川県内で初めて国の伝統的工芸品の指定を受けた鎌倉彫は、何の普及とともに「鎌倉物」として有名になったか。

解答と解説
@宋
A康運
B茶道


鎌倉彫について
・鎌倉に禅宗寺院が建立され、造仏のために奈良から来た仏師たちが、「宋文化」に影響された須弥壇や前机、香合などの什器類も作り、それが鎌倉仏師にも受け継がれていきました。

・運慶の子の「康運」が、宋の工人「陳和卿」の持ってきた彫漆工芸を真似て仏具を作ったのが最初と考えられています。

・鎌倉彫は、「茶道」の普及によって茶入、香合、香盆などの茶道具も「鎌倉物」として珍重され、江戸時代には、茶器、硯台など身近の調度品も作られるようになりました。

  ※鎌倉彫の原型とされているもの
   「建長寺の須弥壇」の図→「鎌倉国宝館HP:須弥壇」を参照。

   「円覚寺の開山堂の前机」の図→「博古堂HP:前机」を参照。

現在の鎌倉彫の仏師の流れ
・現在、鎌倉仏師の流れを受け継いでいるのは、「三橋家」と「後藤家」です。

・昭和に入り、鎌倉彫が今日のように広く普及する活動を担った一人に「後藤俊太郎」がいます。
 代々の鎌倉彫の伝統を引き継いで祖父運久の後を継ぎ、当主となり、「鎌倉彫会館」設立や鎌倉彫の伝統的工芸品の指定に尽力しました。

・1979年(昭和54)、後藤俊太郎によって、明治の鎌倉彫先駆者を顕彰する「鎌倉彫再興碑」が扇ガ谷に建てられています。

鎌倉彫再興碑(扇ガ谷)
 鎌倉彫再興.JPG

 ※「鎌倉彫会館(小町)HP」も参照。

平成30年度鎌倉市指定文化財に指定された「鎌倉彫屈輪文三足卓」
 工芸 鎌倉彫屈輪文三足卓 一基 鎌倉彫協同組合蔵.jpg

満福寺にある鎌倉彫の技法をとりいれた三十二面のふすま絵(義経と静の別れ)
 ふすま絵.JPG

鎌倉彫の彫師・佐藤宗岳の店舗併用住宅の「寸松堂(由比ヶ浜)」
 寸松堂2.JPG

鎌倉彫の工房兼住宅として建てられた「白日堂」(長谷)
 白日堂.JPG

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 産業・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする