2017年05月26日

鎌倉検定−天変地異起こる(1253年11月25日)を読む(15)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

 今回は、「建長寺創建」です。
(35)建長5年(1253)11月25日
 建長寺供養が行われる。建長寺は、北条時頼によって、鎌倉郊外の山内に建立された寺院。
 建長3年(1251)11月より建設工事が行われ、すでに完成していたが、この日に、蘭渓道隆を導師として供養が行われる。丈六の地蔵菩薩像を中尊とし、地蔵菩薩像千体が安置される。
 朝廷と鎌倉幕府の長久、天下泰平の祈願と三代の源氏将軍と北条政子、北条氏一門の供養のために、五部大乗経の写経が行われる。

巨福山建長寺(山ノ内)
5月の建長寺総門から三門を望む
 建長寺総門.JPG

仏殿に安置された「地蔵菩薩像」
 建長寺地蔵菩薩像.JPG
 ※このお寺については、「北鎌倉のお寺を見る(巨福山)」を参照。

蘭渓道隆(1213〜1278年)
 1246年に南宋より日本に渡来した臨済宗の僧。「大覚禅師」とも呼ばれます。
 北条時頼の帰依を受け、建長寺の開山となりました。
 建長寺の開山となる以前は、「常楽寺(大船)」で禅を広めました。

鎌倉には、「蘭渓道隆に関する国宝」が2件あります
 @絹本淡彩 蘭渓道隆像
  この頂相(ちんぞう)は、写実的かつ繊細な描写で人間をリアルに表すとともに自ら讃をした画像です。
  →「鎌倉国宝館 収蔵品紹介(絵画)HP」を参照下さい。

 A大覚禅師墨蹟 法語規則
  法語は、衆僧が修行するうえでの心構えを記したもの。規則は、僧堂での取り決め、罰則をしたためたもの。
  →「鎌倉国宝館 収蔵品紹介(書跡・古文書)HP」を参照下さい。

「開山忌」は、7月23日、24日に行われます
 建長寺開山忌.JPG
 ※「建長寺開山忌はどんな行事か?」を参照。

 
posted by トシ999 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

鎌倉のヒルザキモモイロツキミソウを見る 2017.5

5月には、いろいろな花が見られます。
 「ヒルザキモモイロツキミソウ(昼咲桃色月見草)」もその一つです。

 群生しているのを稲村ヶ崎の海浜公園で見ました。
 名前の通り、昼に開花しています。

稲村ヶ崎海浜公園
 稲村ヶ崎は先に紹介したとおり「かながわの景勝50選」の一つです。
 稲村ヶ崎展望1.JPG

 稲村ヶ崎展望2.JPG

海浜公園の展望台の方に上ります
 稲村ヶ崎展望台.JPG

ヒルザキモモイロツキミソウが群生しています
 ヒルザキモモイロツキミソウ2.JPG

 ヒルザキモモイロツキミソウ3.JPG

 ヒルザキモモイロツキミソウ4.JPG

近代細菌学者の祖といわれるドイツ人「ロベルト・コッホの記念碑」もあります
 1908年(明治41)に弟子の北里柴三郎と鎌倉を訪れた記念の碑です。
  (1983年(昭和58)霊山山から移転)
 ロベルト・コッホ記念碑1.JPG

 ロベルト・コッホ記念碑2.JPG

記念碑解説板
ロベルト・コッホ記念碑解説版.JPG

 
posted by トシ999 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

鎌倉文学館の今は 2017.5

鎌倉文学館」では、5月10日(水)〜6月4日(日)までの期間、「バラまつり2017」を開催中です。

鎌倉文学館(長谷)
 1936年(昭和11)に、旧加賀藩前田家16代当主前田利為(としなり)により建築された、鎌倉の別荘建築を代表する建物です。
 1983年(昭和58)に前田家より鎌倉市に寄贈され、1985年(昭和60)、鎌倉文学館として公開されています。
 鎌倉文学館.JPG
<説明版>
鎌倉文学館説明板.JPG

バラまつり
 バラまつり1.JPG

 バラまつり2.JPG

 バラまつり3.JPG

 バラまつり4.JPG

 バラまつり5.JPG

 バラまつり6.JPG

エゴノキも見頃です
 エゴノキ1.JPG

 エゴノキ2.JPG

 エゴノキ3.JPG

 
posted by トシ999 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする