2019年05月25日

ふりかえり鎌倉―室町時代の鎌倉の統治(鎌倉検定:歴史・旧跡編(11))

鎌倉検定過去問を振り返り、鎌倉を楽しむ回として情報をお届けします。

今回は、「室町時代の鎌倉の統治について」です。
設問
@室町時代、初代には足利尊氏の子がつき、東国10 カ国を統治した職制を何というか。
A室町時代に設置された鎌倉府の長官に、最初に任ぜられた足利尊氏の子は誰か。
Bこの鎌倉府の長官の補佐役を何というか。

解答と解説
@鎌倉公方
A足利基氏
B関東管領


鎌倉公方
 ・「鎌倉府」とは、足利尊氏が、鎌倉を武家政権の要地として考えて置いた統治機構。
 ・1349年、足利尊氏は、鎌倉に義詮のあとに「基氏」を置いて、初代「鎌倉公方」と
  し、関東管領・評定衆・引付衆・諸奉行を設置し、関東8ヵ国に伊豆・甲斐を加えた
  10ヵ国を管轄させました。
鎌倉公方の系図
 鎌倉公方.jpg

浄明寺にある「足利公方邸旧蹟」の石碑
鎌倉公方邸旧蹟.JPG源頼朝が幕府を開いた時、足利義兼が住居をこの地に定めて以来、二百数十年間、子孫が代々この地に住みました。足利尊氏が権力を握って京都に移った後に、その子の義詮が2代将軍となって、京都の家を継ぐに及んで、義詮の弟の基氏関東管領となって、軍の指揮をこの家からとりました。
こうして、家は子孫に引き継がれました。子孫は京都にならって公方と名乗っていました。
享徳四年(1455)公方成氏は、執事の上杉憲忠との不和により下総古河に移ったために、ついに永く廃墟となってしまいました。

足利基氏(1340〜1367年)
 ・1349年、10歳で初代鎌倉公方となりました。
 ・瑞泉院を中興し、「瑞泉寺」を建て、以後、鎌倉公方代々の菩提寺としました。
  「足利基氏」の墓は、瑞泉寺にあります。
瑞泉寺本堂
 瑞泉寺本堂.JPG

関東管領
 ・鎌倉公方の補佐役。
 ・1349年、足利尊氏は、鎌倉に鎌倉公方を置き、関東執事として義詮の補佐をしていた
  上杉憲顕・高師冬が引き続き基氏を支え、義詮以来の鎌倉府の体制を固めました。

 ・そして、「上杉憲顕」は、1350年の「観応の擾乱」によって足利尊氏と対立し、一時
  地位を追われるが、尊氏死後1363年、足利基氏の要請で幕政に復帰し、「関東管領
  に任ぜられることになりました。
 ・以後、「関東管領」の職は、上杉氏の家系に独占して伝えられました。
足利尊氏・基氏、上杉憲顕の系図
 上杉憲方系図.jpg

扇ガ谷の管領屋敷があった場所に建つ「扇谷上杉管領屋敷迹」の石碑
扇谷上杉管領屋敷迹.JPG内大臣藤原高藤の13代の子孫に重房がいました。
宗尊親王に従って鎌倉に下り、このとき、丹波国(京都)上杉荘に領地をもらったので、はじめて上杉氏を名乗りました。
その曽孫の憲顕は、足利基氏の執事となり、一族の勢力は関東に広がりました。
一族は数門に分かれ、重房から5代後の顕定は、扇谷家を起こしました。
文明(1469‐1487)頃、扇谷家の6代目の定正は、賢臣太田道灌を用いて勢力を拡大しました。
世間の人々は、宗家山内家と共に、両上杉または両管領と言いました。
ここがその屋敷の跡です。

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 歴史・旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

鎌倉文学館では、バラまつりが開催中です 2019.5

今年も「バラまつり」が、5月10日(金)〜6月9日(日)で開催中です。
200種245株のバラが、鑑賞できるそうです。

◎鎌倉文学館(長谷)

 ・1936年(昭和11)、旧加賀藩前田家16代当主前田利為の別荘として建築されました。
 ・1983年(昭和58)に鎌倉市に寄贈され、1985年(昭和60)、「鎌倉文学館」として
  公開されています。
「長楽寺の説明板」と「鎌倉文学館」の全景
 鎌倉文学館長楽寺説明板.JPG

 鎌倉文学館全景.JPG

 鎌倉文学館横外観.JPG

鎌倉文学館のバラ園
 鎌倉文学館バラ園1.JPG

 鎌倉文学館バラ園2.JPG

赤白黄色、ピンクなど色々なバラが咲いています
 バラ赤.JPG

 バラ白.JPG

 バラ黄.JPG

 バラピンク.JPG

バラ越しに「鎌倉文学館」を望む
 バラ園から望む1.JPG

 バラ園から望む2.JPG

 バラ園から望む3.JPG

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 日記_2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

鎌倉東慶寺のイワガラミ公開が始まっています 2019.5

恒例の本堂裏イワガラミ特別公開が、5/18〜6/16で始まっています。
公開期間が、年々長くなっているように思います。

 ※イワガラミ
  岩や木に絡みついて登るところからこの名がついています。
  中央に両性花が咲き、その周辺には1枚の白色のガクからなる装飾花があります。

松岡山東慶寺(山ノ内)
 ・臨済宗。1285年、北条時宗夫人の覚山尼が創建。
本堂入口には、公開のお知らせが出ています
 東慶寺イワガラミ特別公開.JPG

現在、二分咲きということです
 東慶寺本堂.JPG

この1本の木から、崖一面を覆うほどに成長しました
 イワガラミ1.JPG

 イワガラミ2.JPG

 イワガラミ3.JPG

 イワガラミ4.JPG


 ※去年(2018年)の今頃は、下のようにもう少し咲いていましたが、今年は少し遅い?
 2018東慶寺イワガラミ.JPG

「ケイワタバコ(イワタバコ)」も、まったく遅いですね
 ・イワタバコの変種で、葉裏やガクなどに毛がはえているのが特徴です。
 ・花期が普通のイワタバコより約1ヶ月早く、6月〜7月です。
 東慶寺ケイワタバコ1.JPG

 東慶寺ケイワタバコ2.JPG

境内では、「ヤマアジサイ」の青と「アワモリショウマ」の白が際立っていました
 東慶寺ヤマアジサイ.JPG

 東慶寺アワモリショウマ.JPG

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 日記_2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする