2015年07月29日

北鎌倉の路地裏の風景 2015.7

北鎌倉の路地裏を歩いて見ました。

そこは、静かで風情があります。

北鎌倉駅
北鎌倉駅.JPG
1889年(明治22)、大船〜横須賀間で、横須賀線が開通しました。

北鎌倉駅は、1927年(昭和2)に夏場だけの臨時駅として設けられ、1930年(昭和5)に本格的な駅になりました。

<狭い路地裏を歩くと、咳の神様と呼ばれる「おちゃぶきさま」に出会えます>
おちゃぶきさま.JPG
風邪をひいたら、「おちゃぶきさま」に祈願すると風邪が治る、と言い伝えられています。
そして、治った時は、お礼にお茶を差し上げることになっているといいます。

お茶の時もありますが、水が供えられていることが多いですね。


<路地裏の風景>
北鎌倉小路1.JPG
緑がいっぱいの狭い路地を歩いていきます。

北鎌倉小路2.JPG

北鎌倉小路3.JPG山中稲荷へ向かう参道


北鎌倉小路4.JPG

<松竹の大女優、田中絹代の別邸であった古民家が見えてきます>
幻董庵1.JPG
小路の左側に、古民家が。

幻董庵2.JPG

<そこは、懐石料理の店「幻董庵」になっています>
幻董庵3.JPG

田中絹代(1909〜1977)、は、松竹撮影所の大船への移転に伴い、当時の高級住宅地の鎌倉山に移住してきました。
 
タグ:鎌倉 北鎌倉
posted by トシ999 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

鎌倉七口のひとつ亀ヶ谷坂の入口の風景 2015.7

鎌倉の風景も、時とともに変わっていきます。

亀でもひっくりかえってしまうほどの坂といわれた「亀ヶ谷坂」ですが、その北鎌倉側の入口の風景も、1年前とは変わりました。

<「亀ヶ谷坂」の場所>
亀ヶ谷坂地図1.jpg

<「亀ヶ谷坂」の案内板>
亀ヶ谷坂案内板.JPG
※「鎌倉七口」については、「鎌倉の名所を名数で見るとまた面白い」を参照。

<今の「亀ヶ谷坂」の入口を見る>
亀ヶ谷坂入口.JPG

<かつては、入口の左角には流しそうめんのお店がありました。
7月にはその軒にノウゼンカズラの花が咲いていました。>
亀ヶ谷坂17.JPG 亀ヶ谷坂入口ノウゼンカズラ.JPG

2014年12月にお店が火事で焼けてしまい、見通しが良くなりましたが、失ったものも大きいのでは・・・

<入口の右側にある長壽寺は健在です>
長壽寺山門.JPG
 
posted by トシ999 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

鎌倉駅北側の風景 2015.7

鎌倉の中心、鎌倉駅です。

<鎌倉駅東口広場>
鎌倉駅東口広場.JPG

鎌倉駅北側の風景:鎌倉駅から北鎌倉駅方面へ向かう側の所です>
タチアオイ2015.JPG

ここからの見どころは、横須賀線のみを見ることではありません。

鎌倉検定公式テキストブックでは、タチアオイが、7月上旬〜下旬に、「鎌倉駅北側にも多数植えられていて、鎌倉独特の路地風景を彩ってくれている。」と紹介されています。

しかし、今はもう咲いていません。

<本来ならばこういう具合です。(2014年7月)>
タチアオイ2014.JPG

花の開花は、地球環境に左右されるのでしょうが、季節が1ヵ月早く進んでいるのでしょうか。
今では、6月が見ごろになってしまったようです・・・
 
タグ:鎌倉 鎌倉駅
posted by トシ999 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする