2016年08月31日

鎌倉十橋についてのまとめ

 鎌倉市に関する知識の中で、鎌倉検定対策として「鎌倉十橋」は大切です。

 鎌倉検定公式テキストブックには、次のように紹介されています。
 鎌倉を流れる滑川、逆川、山ノ内川などに架かる橋のなかで、古くから伝説が残る十の橋のことをいう
 十井などと同じく、江戸時代になって鎌倉名数の一つとして観光用にいわれるようになった。

<鎌倉十橋とは、次の十の橋です>
 鎌倉十橋地図.jpg
1 歌ノ橋
(うたのはし)
歌ノ橋.JPG
 二階堂川が滑川に流入する辺りに架かる。
 1213年、謀反の罪で捕えられた渋川刑部六郎兼守は、無実の罪を晴らすために十首の和歌を詠み荏柄天神社に奉納した。将軍源実朝は、その和歌を見て感心し、罪を許し釈放したので兼守は死刑を免れた。
 そのお礼にと荏柄天神社の参道近くにこの橋を架けたので、歌ノ橋と呼ばれるようになったと伝えられる。
2 夷堂橋
(えびすどうばし)
夷堂橋.JPG
 本覚寺門前を流れる滑川に架かる橋で、その名は本覚寺の鎮守社の夷堂が近くにあったことに由来する。
 この辺りの滑川は、夷堂川とも呼ばれる。
3 勝ノ橋
(かつのはし)
勝ノ橋.JPG
 英勝寺を開基した尼僧お勝の局が架けたので、勝ノ橋と呼ばれていた。
 壽福寺の門前にあり、明治の末ごろまでは立派な橋が架かっていたという。
 今は庚申塔の横に石碑と敷石があるだけである。
4 裁許橋
(さいきょばし)
裁許橋.JPG
 御成小学校近く、今小路を横断して流れる佐助川に架かる橋。
 橋の名は、訴訟を裁許(判決)する問注所が近くにあったことに由来するという。
 また、僧侶であり歌人でもあった西行が鎌倉に来たとき、この橋の上で源頼朝に名前を問いただされたとか、西行がこの橋の近くをよく通っていたということから、別名「西行橋」ともいわれている。
5 逆川橋
(さかがわばし)
逆川橋.JPG
 「さかさがわばし」ともいわれる。
 逆川は、名越から流れる川筋が屈曲して北上し、川の流れが逆行しているように見えるので逆川というが、ちょうど逆行する辺りに架けられているのでこのように呼ばれる。
6 十王堂橋
(じゅうおうどうばし)
十王堂橋.JPG
 北鎌倉駅前から鎌倉街道を大船方面に150mほど行ったところにある。
 昔、この橋のそばに閻魔など十王を祀った十王堂があったため、このように呼ばれている。
7 筋違橋
(すじかえばし)
筋違橋.JPG
 宝戒寺近くにあり、金沢街道(六浦道)に対して「く」の字に架かっていたため、筋違橋といわれるようになったといわれる。
 鎌倉十橋の1つだが、現在では暗渠となり、石碑のみが往時を語る。
8 針磨橋
(はりすりばし)
針磨橋.JPG
 別名、「我入道橋(がにゅうどうばし)」ともいう。
 極楽寺川に架かる橋で、その名の由来は、昔、辺りに針金を磨いて針をつくる老婆が住んでいたことにあるとも、近くに我入道という僧侶が住んでいたからとも。
9 琵琶橋
(びわばし)
琵琶橋.JPG
 佐助川に架かる橋で、下馬四ツ角の南側にある。
 1955年(昭和30)ころまでは、朱塗りの橋があったが、その後、コンクリートの橋として舗装、1992年(平成4)に御影石の新しい橋が再建された。
 橋の名前は、若宮大路のこの辺りを琵琶小路といったことから。
10 乱橋
(みだればし)
乱橋.JPG
 材木座の水道路交差点から海の方へ少し行ったところに架かる。濫橋とも書く。
 新田義貞の軍勢が鎌倉に攻め入った時、北条幕府軍の防御線がくずれはじめたのがこの橋の辺りだったことから、乱橋と呼ばれるようになったといわる。

 
posted by トシ999 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

鎌倉十井についてのまとめ

 鎌倉市に関する知識の中で、鎌倉検定対策として「鎌倉十井」は大切です。

 鎌倉検定公式テキストブックには、次のように紹介されています。
 鎌倉は古来より水に恵まれない土地であったため、質の良い水が湧き出す井戸は貴重な水源であった。
 十井とは、水質もよく美味で、伝説やいわれが残る代表的な十の井戸のこと
 江戸時代に鎌倉遊覧が盛んになり、名所旧跡を名数を使って紹介したのがはじまりといわれる。

<鎌倉十井とは、次の十の井戸のことです>
鎌倉十井地図.jpg
泉ノ井
(いずみのい) 
 扇ガ谷にある浄光明寺前の道の奥にあり、今でも清水が湧き出ている。
 徳川光圀の『鎌倉日記』には「泉井谷ノ辺ニ潔キ水湧出ル也」とある。
扇ノ井
(おうぎのい)
 浄光明寺から薬王寺に向かう道の途中にある井戸で、形が扇形をしている。
 民家の敷地内にあるので、公開されていない。
 「扇ガ谷」という地名はこの井戸に由来するという説もある。
甘露ノ井
(かんろのい)
 浄智寺の総門横の小さな石橋の脇にある
 この井戸の水は蜜のように甘く、不老不死の効能があるといわれていたところから、この名が付いた。
鉄ノ井
(くろがねのい)
 小町通りの北の端、鶴岡八幡宮に通じる道の角にある
 水がどんなときでも涸れたことがないといわれている。
 井戸を掘ったとき、鉄でできた観音像の頭が出てきたことから鉄ノ井と呼ばれるようになった。
 江戸時代までは、向かい側に観音像の頭を安置した鉄観音堂があって、明治の廃仏毀釈の動きの中で取り壊されたという。
 観音像の頭は東京・人形町の大観音寺に移され、本尊となっている。
底脱ノ井
(そこぬけのい)
 扇ガ谷の海蔵寺の門前にある
 その名の由来は、室町時代、上杉家の尼が修行していた時、水を汲むと桶の底が抜け、その瞬間、悟りが開け、「賤の女がいただく桶の底脱けてひた身にかかる有明の月」と詠んだからとも、鎌倉時代中期の武将で幕府の重臣だった安達泰盛の娘が水を汲んで桶の底が抜け、「千代能がいただく桶の底抜けて水たまらねば月もやどらじ」と詠んだ歌によるともいわれる。
銚子ノ井
(ちょうしのい)
 長勝寺門前近くの狭い路地を入ったところにある
 その名の由来は、井戸の形がお酒を注ぐ銚子に似ていることにあるが、井戸の蓋や側面が石造りになっているので、「石ノ井」ともいわれる。
瓶ノ井
(つるべのい)
 明月院境内にあり、現在でも使用できる。
 別名、「甕ノ井(かめのい)」ともいわれる。
 二個の瓶を並べて上下させながら水を汲む井戸の意味が由来。
星ノ井
(ほしのい)
 極楽寺切通の登り口にある。別名、「星月ノ井」ともいわれる。
 辺りはその昔、山深くて昼なお暗かった。そのため、この井戸を覗くと水面には昼でも星が輝いて見えたという。
 鎌倉の歌枕「星月夜」は、この辺りの谷の名である星月夜ヶ谷からきているといわれる。
棟立ノ井
(むなたてのい)
 覚園寺の薬師堂の背後の山際にあり弘法大師がこの地に滞在したときに井戸を掘り、ここから閼伽水(仏に奉納する水)を汲んだという言い伝えがある。
10六角ノ井
(ろっかくのい)
 材木座から小坪に抜ける海際の道にある。別名、「矢の根ノ井」。
 小さいときから弓矢の名人であった平安時代後期の武将、源為朝は、1156年、京で起こった保元の乱で敗れ二度と弓を引けないよう腕の筋を切られて伊豆の大島に流された。
 しかし、為朝は自分の弓の力をためしたくて、大島から鎌倉の光明寺の裏山にある天照山めがけて矢を放ったところ、この井戸に落ちたという伝説がある。
 井戸は八角だが鎌倉側に六角、小坪側に二角あるので六角ノ井といわれているようだ。

  
posted by トシ999 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

鎌倉五名水についてのまとめ

 鎌倉市に関する知識の中で、鎌倉検定対策として「鎌倉五名水」は大切です。

 鎌倉検定公式テキストブックには、次のように紹介されています。
水に恵まれていない鎌倉だが、なかでも質の良い清水が湧き出る泉を五名水とし、観光名所とした。
新編鎌倉志』には、「鎌倉に五名水あり」として、以下の五つの記載があるが、金龍水のように、すでに埋められてしまったものもある。
※『新編鎌倉志』→江戸時代の1685年に発行された鎌倉の地誌・案内書で、徳川光圀(水戸黄門)の命により家臣たちが編纂したもの。
 
鎌倉五名水とは、次の五つです>
 鎌倉五名水地図1.jpg
梶原太刀洗水
(かじわらたちあらいみず) 
朝夷奈切通の太刀洗川に沿った岩肌から湧き出る。
金龍水
(きんりゅうすい)
建長寺門前にあったが、道路拡張工事の際に埋められた。現在、歩道の敷石にその位置が示されている。
銭洗水
(ぜにあらいみず)
佐助の銭洗弁財天宇賀福神社の岩窟に湧き出る清水。
日蓮乞水
(にちれんこいみず)
長勝寺前から旧名越切通に通じる道の途中にある。
不老水
(ふろうすい)
建長寺境内の鎌倉学園の運動場近辺といわれているが、詳細な場所は不明。


@梶原太刀洗水
梶原太刀洗水.JPG1183年、梶原景時は、源頼朝の命を受けて、頼朝が幕府を開くにあたり大きな功績のあった上総介広常を討ったあと、この水で太刀の血のりを洗い流したといわれる。

梶原景時:源平の合戦で活躍し、平家を滅ぼした後、源義経を頼朝に訴え出て追放する等、政治の裏で立ち回った。そのため、頼朝亡き後、同僚に嫌われて、1200年、景時一族は鎌倉を追放され殺害された。
上総介広常:源頼朝の平氏打倒の挙兵時に頼朝に味方し、上総国の最有力者の威勢を示していた。しかし広常の権力が高まるにつれ、頼朝の目の上のたんこぶとなり、謀反の疑いを掛けられ暗殺された。

A金龍水
金龍水.JPG歩道の敷石→赤いポストの下のピンク色に識別された石の部分。

徳川光圀(水戸黄門)の『鎌倉日記』に、「門前ノ池ハ金龍水ト云名水也」とあり、1709年の「建長寺境内絵図」に、その泉は描かれている。

※『鎌倉日記』→徳川光圀が鎌倉を訪れて各所を巡見し、1674年に『鎌倉日記』を著した。

B銭洗水
銭洗水.JPG源頼朝が夢のお告げで発見した泉といわれる。その後、北条時頼がこの水で金銭を清めると不浄塵垢が消え、清浄の福銭になると人々に勧めたということから、この水でお金を洗うと何倍にもなって戻ってくるといわれる。

特に「巳の日」は、ザルでお金を洗って商売繁盛などの福徳を願う参詣者が多く訪れる。

C日蓮乞水
日蓮乞水.JPG1253年、日蓮上人が安房から名越切通を越えて鎌倉に入ったとき、辺りで水を求め、杖を地面に突き刺すと、清水が突然、湧き出し、干ばつでも涸れることがなかったという。

日蓮上人(1222〜1282):安房国に生まれ、比叡山、高野山などで修業を積んだ後、1253年、法華経をもとに政治不安や天災に苦しむ社会を救おうと、鎌倉の松葉ヶ谷に小さな草庵を建て、そこから鎌倉の町で辻説法を行った。

D不老水
不老水地図.jpg建長寺境内の詳細な場所は不明。

辺りに住んでいた仙人はこの泉の水を飲んでいたため、いつまでも若く年を取らなかったことから、別名、仙水、仙人水ともいわれている。

 
ラベル:鎌倉 鎌倉五名水
posted by トシ999 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする