2017年03月30日

鎌倉検定−頼朝の鎌倉入り(1216年11月24日)を読む(25)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

(47)健保4年(1216)11月24日
 源実朝が宋の医王山参詣のため、宋人陳和卿に唐船の建造を命じる。陳和卿は東大寺大仏の再建にあたった宋の技術者。6月に鎌倉に下ってきて実朝と対面した折、実朝が前世において宋の医王山の長老であったと述べたことによる。
 しかし、唐船は、翌年4月に完成したものの、なぜか進水には失敗することになる。

藤沢市の船玉神社
船玉神社案内板
船玉神社案内板.JPG

船玉神社全景
船玉神社.JPG源実朝が宋へ渡るため、船の用材を大鋸の地から伐り出したと伝えられています。

乗船成就、海上守護のために勧請されたのが「船玉神社」ということです。

船玉神社は、鎌倉市の隣の藤沢市大鋸にあります。

船玉神社の鳥居と本殿の扁額
船玉神社鳥居.JPG 船玉神社本殿.JPG

船を浮かべた由比ヶ浜
 由比ヶ浜.JPG

陳和卿(ちんなけい)
 鎌倉時代初期に宋から来た仏像技術者。
 戦火のため焼け落ちた東大寺大仏の首を鋳造するため,東大寺僧重源に招かれました。

 1195年3月、東大寺の再建供養式典の際、源頼朝が面会を申し入れたが、「頼朝は平家と戦った時に多くの人の命を奪っており、罪深い人間であるので面会したくない」と面会を断ったといわれています。

 ※「鎌倉彫」の歴史は、運慶の子の康運が、陳和卿の持ってきた彫漆工芸(漆を幾度にも塗り重ねたものに彫刻を施す工芸)を真似て仏具を作ったのが最初と考えられています。



これで、「第一部 鎌倉幕府の興亡 第一章 頼朝の鎌倉入り」は終わりです。
次回から、「第二章 天変地異起こる」を読みます。

 
posted by トシ999 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

鎌倉広町緑地の桜は 2017.3

鎌倉市の三大緑地の一つ「広町緑地」の桜の様子を見てみました。

広町緑地
 三大緑地とは、「広町緑地・台峯緑地・常盤山緑地」のことですが、一番広い(48.1ha)「広町緑地」には、シンボルの「大桜」があります。
 ※「大桜」については、「鎌倉三大緑地―広町緑地の三つの大木」を参照。

広町緑地では、鎌倉市の木「ヤマザクラ」が見られます
 広町緑地ヤマザクラ1.JPG

 広町緑地ヤマザクラ2.JPG

さて、シンボルの「大桜」は、まだまだ一輪二輪で、今咲き始めるところです
 大桜1.JPG

 大桜2.JPG

 大桜3.JPG

東の端にある「鎌倉山入口」から出て、「鎌倉山」に向かいます
広町緑地マップ.JPG

 鎌倉山入口.JPG

鎌倉山のソメイヨシノはまだまだで、こんな様子です
 鎌倉山サクラ.JPG

まだまだ寒い鎌倉山です。

 
posted by トシ999 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

鎌倉検定−頼朝の鎌倉入り(1214年2月4日)を読む(24)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

(44)健保2年(1214)2月4日
 壽福寺長老の栄西が二日酔いに悩む源実朝に対し、良薬と称して茶を勧め、また「茶徳を誉むるところの書」一巻を献上する。
 この一巻が喫茶の効能などを説いた、わが国最初の茶書『喫茶養生記』であるという。
 なお栄西は翌年6月5日死去する。

栄西(1141〜1215年)
 日本に初めて臨済禅を伝えた臨済宗の祖。
 延暦寺で天台宗を学んだ後、宋に渡った。
 帰国後、鎌倉へ。幕府の庇護を受け、「壽福寺」、京都の建仁寺の開山となる。

壽福寺総門
 扇ガ谷にある鎌倉五山第三位の寺→「鎌倉扇ヶ谷のお寺を見る(亀谷山)」を参照。
 壽福寺紅葉 (2).JPG

総門横の「源実朝をしのぶ」碑:生誕800年記念。1992年8月。平山郁夫書
 源実朝をしのぶ碑.JPG

喫茶養生記
 栄西が宋からの帰国の折に茶の種を持ち帰って、茶の効用を紹介しました。
 3代将軍源実朝に献上した著書「喫茶養生記」は、禅宗と並び、喫茶の礼儀が広まっていく契機となりました。
源実朝をしのぶ碑 (2).JPG

 
posted by トシ999 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする