2017年03月17日

鎌倉鶴岡八幡宮の段葛と境内の早咲き桜は 2017.3

いよいよ桜の季節に向かうところですが、「鶴岡八幡宮」の早咲きの桜はどうでしょうか。

段葛
 ここには、カワヅザクラや以前はあった玉縄桜などの早咲きの桜はありません。
 ソメイヨシノは、まだまだですね。
 段葛の桜1.JPG

 段葛の桜2.JPG

 段葛の桜3.JPG

 段葛の桜4.JPG

鶴岡八幡宮
 太鼓橋の横にあるヒガンザクラは、すでに満開です。
 彼岸桜1.JPG

 太鼓橋横の彼岸桜.JPG

 流鏑馬の行われる馬場には、大きな早咲きの桜が満開です。
 寒桜1.JPG

 寒桜2.JPG
 
 源氏池の島にも早咲きの桜が遠くに見られます。
 源氏池の桜.JPG

 ※ソメイヨシノを見るには、来週以降でしょうか。

 
posted by トシ999 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

鎌倉の寺社でサンシュユを探して 2017.3

春の花「サンシュユ」は、鎌倉の寺社でよく見られます。
 どこで見られるのか、探してみました。

サンシュユ(山茱萸)
サンシュユ.JPG江戸時代に朝鮮から薬用としてもたらされたミズキ科の落葉樹。季語は春。

開花期は、3月〜4月。
葉が芽吹く前に黄色い小花を枝いっぱいに咲かせ、黄金色に輝くように咲く姿から「ハルコガネバナ」の別名があります。

円覚寺の総門前に見られます>
 円覚寺総門前サンシュユ.JPG

明月院の山門への階段脇に見られます>
 明月院サンシュユ.JPG

長谷寺の妙智池の畔で見られます>
 長谷寺サンシュユ.JPG

※以下は、過去の写真です。今年も同じように咲いているのでしょうか。
浄妙寺の参道脇に見られます(2016.3)>
 浄妙寺サンシュユ.JPG

報国寺の庭の木が有名です(2016.3)>
 報国寺サンシュユ.JPG

英勝寺の本堂脇に見られます(2015.2)>
 英勝寺サンシュユ.JPG

円覚寺黄梅院で、ミツマタの向こうに見られます(2015.3)>
 黄梅院サンシュユ.JPG

 東慶寺にもありますが、写真を撮っていませんでした・・・。

 
posted by トシ999 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

鎌倉円覚寺の今は 2017.3

梅の季節から桜の季節に移り変わろうとしている途中のこの時期、「円覚寺」の様子を見てみました。

瑞鹿山円覚寺
 このお寺については、「北鎌倉のお寺を見る(瑞鹿山)」を参照。

<総門前の右手には、「サンシュユ」が咲いています>
円覚寺総門.JPG 円覚寺サンシュユ.JPG

<桂昌庵の「カワヅザクラ」は、すっかり葉桜になりました>
桂昌庵.JPG 桂昌庵カワヅザクラ.JPG
 →咲いていた時の様子は、「北鎌倉でカワヅザクラを探して 2017.2」を参照。

<「大光明寶殿」の扁額を掲げた「仏殿」は修繕中で、拝観できません>
 円覚寺仏殿.JPG

<「仏殿」の裏の小庭には、紅梅と並んで「トサミズキ」が咲いています>
円覚寺トサミズキ1.JPG 円覚寺トサミズキ2.JPG

<「仏殿」の横には、枝から穂を垂らした「キブシ」が見られます>
 キブシ.JPG

<大佛次郎の「帰郷」にも描かれている佛日庵の「ハクモクレン」は、これからです>
佛日庵.JPG 佛日庵ハクモクレン.JPG

<佛日庵の先、黄梅院の横にある「コブシ」は、まだまだです>
 201703円覚寺コブシ.JPG
 →「コブシ」が咲いた時の状態は、下記のように見えます。(2016.4)
 201604円覚寺コブシ.JPG

<黄梅院の「ミツマタ」は、もうじき見頃でしょう>
 黄梅院ミツマタ.JPG

<選仏場の横から「龍隠庵」へ向かう参道には、「バイモ」が見られます>
 バイモ.JPG

<山の上にある「龍隠庵」には、山門を背景に「豊後ウメ」がきれいに咲いています>
 龍隠庵豊後ウメ1.JPG

 龍隠庵豊後ウメ2.JPG

<淡いピンク色をした「シデコブシ」も咲き始めています>
 龍隠庵シデコブシ.JPG

 まだ桜は咲いていませんが、いろいろな春の花が咲き始めようとしている静かな円覚寺です。

 
posted by トシ999 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする