2017年03月08日

鎌倉検定−頼朝の鎌倉入り(1203年8月27日)を読む(19)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

(32)建仁3年(1203)8月27日
 源頼家が日本国総守護職と関東28か国の地頭職を長子一幡(6歳)に、関西38か国の地頭職を頼家の弟千幡(12歳、実朝)に譲る。前月半ばすぎから病床にあった頼家の容体が悪化する中でとられた措置である。
 なお、頼家の意向は一幡にすべてを相続させるというものであったが、それによる一幡の外祖父で有力御家人の比企能員の勢力増大を恐れた北条時政らが、この措置を進めたともいわれている。

「源頼家」と「比企能員」との関係図
 頼家と比企氏の関係図.jpg

比企能員ゆかりの「妙本寺」
 このお寺については、「鎌倉大町のお寺を見る(長興山)」を参照。

妙本寺拝観入口の石碑
妙本寺入口.JPG1260年創建。日蓮宗。
開山は日蓮。

開基は「比企能員の子、比企能本」で、京都にいた能本は比企氏の乱の後、比企氏の館の跡地に法華堂を建立しました。

※比企氏の乱で「比企能員」は討たれた。

<妙本寺総門横の「比企能員邸址」の石碑>
 比企能員邸址石碑.JPG

案内板
妙本寺案内板.JPG

日蓮聖人像
 日蓮聖人像.JPG

比企能員(?〜1203年)
 能員の法号「長興」が妙本寺の山号となりました。
比企能員公一族の墓
 比企能員公一族の墓.JPG

 
posted by トシ999 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする