2017年03月21日

鎌倉検定−頼朝の鎌倉入り(1211年10月13日)を読む(22)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

(40)建暦元年(1211)10月13日
 鎌倉滞在中の京都鴨社の氏人鴨長明が、源頼朝の忌日にあたるとして、その墳墓堂である法華堂に参り、和歌一首を堂の柱に記す。
 長明の詠んだ和歌は「草も木も靡きし秋の霜消えて空しき苔を払う山風」というもの。
 今度の滞在で長明はたびたび源実朝に謁見しているが、長明を実朝に推挙したのは、『新古今和歌集』の撰者の一人飛鳥井雅経。
 なお長明は、帰京後の翌年三月、『方丈記』を執筆することになる。

鴨長明(1155〜1216年)
 平安時代末期から鎌倉時代にかけての日本の歌人・随筆家。
 清少納言の「枕草子」、兼好法師の「徒然草」とともに、日本三大随筆の一つである「方丈記」の作者。
 1211年、飛鳥井雅経(あすかいまさつね)の供として鎌倉に下向してきて、3代将軍源実朝と面談しました。

飛鳥井雅経(1170〜1221年)
 和歌・蹴鞠に秀でた公家。飛鳥井流蹴鞠の祖。妻は大江広元の娘。
 京都と鎌倉の文化交流に貢献しました。
 →「鎌倉時代前期に鎌倉に来た鴨長明」を参照。

法華堂(西御門)
 1189年に聖観音を本尊として、鶴岡八幡宮の東側、現在の清泉小学校裏手に建てられました。もとは頼朝の持仏堂で、頼朝は死後、ここに葬られました。
 江戸時代、頼朝の墓の下に堂があり、これを「法華堂」と称したが、明治新政府が発した神仏分離に関する布告でこの法華堂は廃され、1872年、白旗神社となりました。
 →「鎌倉検定−頼朝の鎌倉入り(1199年正月13日)を読む(16)」を参照。

源実朝(1192年〜1219年)
 鎌倉幕府三代将軍。源頼朝と北条政子の次男。
 鎌倉時代前期の万葉調の歌人として知られ、藤原定家に師事しました。
 また後鳥羽上皇とも親密な関係にありました。

 家集に『金槐和歌集』があります。
 「金」は「鎌倉」の鎌の字の「かねへん」を表し、「槐」には「大臣」という意味があります。

 以下に、実朝の歌を紹介します。
鎌倉国宝館前の関東大震災で倒壊した二ノ鳥居に刻まれた歌碑
 『山はさけ うみはあせなむ 世なりとも 君にふた心わがあらめやも』
 実朝歌碑1.JPG

鎌倉海浜公園(坂ノ下)の百人一首でおなじみの歌の歌碑
 『世の中は つねにもがもな なぎさこぐ あまの小舟のつなでかなしも』
 実朝歌碑2.JPG

鎌倉文学館に設置された歌碑(外灯碑)
 『大海の 磯もとどろに よする波 われてくだけて さけて散るかも』
 実朝歌碑3.JPG

鶴岡八幡宮の流鏑馬馬場の脇にある実朝桜の歌碑
 『風さわぐをちの外山に雲晴れて 桜にくもる春の夜の月』
 実朝桜の歌碑.JPG

鎌倉商工会議所1Fにも歌碑があります
 『箱根路を わが越え来れば 伊豆の海や 沖の小島に波の寄る見ゆ』

その他、有名な歌をいくつか紹介します。
 『時により 過ぐれば民の 嘆きなり 八大龍王雨やめたまへ』(1211年、洪水の止雨を祈る)
 『出ていなば 主なき宿と 成りぬとも 軒端の梅よ春をわするな』(1219年、暗殺前に読む)

 
posted by トシ999 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする