2021年02月06日

鎌倉浄妙寺の今は 2021.2

気分転換に3密を避けた鎌倉見聞をしました。
鎌倉五山第五位「浄妙寺」の「ウメ」や「ロウバイ」、「セツブンソウ」などは、どうでしょうか。

稲荷山浄妙寺(浄明寺)
 ・1188年、頼朝の重臣、足利義兼退耕行勇を開山とし、極楽寺という密教系の寺とし
  て建立。
  のち、建長寺開山の蘭渓道隆の弟子、月峯了然が住職となり臨済宗に改められ、寺名
  も浄妙寺となりました。

山門前の「白梅」は、例年この時期は、まだまだ蕾です
 浄妙寺山門_R.JPG

 浄妙寺山門白梅_R.JPG

本堂に向かう参道脇には、「白梅」だけが少し咲いています
 浄妙寺参道_R.JPG

 浄妙寺白梅1_R.JPG

 浄妙寺白梅2_R.JPG

本堂に向かう参道脇の「ロウバイ」は、例年より遅くまだ蕾です
 浄妙寺ロウバイ_R.JPG

節分の時期に咲く「セツブンソウ」が、本堂と喜泉庵の間にひっそり咲いています
 浄妙寺セツブンソウ1_R.JPG

 浄妙寺セツブンソウ2_R.JPG

 浄妙寺セツブンソウ3_R.JPG

「ツバキ」は、石窯ガーデンテラスに向かう沿道に咲いています
 浄妙寺ツバキ1_R.JPG

 浄妙寺ツバキ2_R.JPG

石窯ガーデンテラス前の庭に、「スイセン」がたくさん咲いています
 石窯ガーデンテラススイセン1_R.JPG

 石窯ガーデンテラススイセン2_R.JPG

散策路の小径には、「ロウバイ」や「白梅」が少し見られます
 浄妙寺小径ロウバイ_R.JPG

 浄妙寺小径白梅_R.JPG

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | 日記_2021 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする