2022年11月03日

鎌倉西御門にある法華堂跡(北条義時墓)の今は 2022.11

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
「鎌倉殿の13人」の主人公「北条義時」の墓の今の様子を見てみました。

 ※北条義時については、「鎌倉検定対策−鎌倉殿の13人(北条義時)」を参照。

法華堂跡(北条義時墓)(西御門)とされる平場
・1224年、北条義時は病気で死去。享年62歳。
 ただし、藤原定家の日記「明月記」の記述内容より、義時の死は3番目の妻の伊賀の方が毒殺したという説を唱えている学者もあります。

・「吾妻鏡」によると、没後、供養のために源頼朝の法華堂の東に、「墳墓堂(法華堂)」が建てられました。
 それは、源頼朝の法華堂の東の山上にあったと推定されています。
 ※2005年(平成17)に行われた発掘調査で、建物跡が確認されました。

 北条義時墓1_R.JPG

 北条義時墓2_R.JPG

 北条義時墓3_R.JPG

 北条義時墓4_R.JPG

 北条義時墓5_R.JPG

 北条義時墓6_R.JPG

スマホアプリにより3DCGで法華堂が体験できるという案内版
 AR北条義時法華堂_R.JPG

北条義時の系図
 北条義時系図.jpg

平場の背後にある三浦義澄の孫・泰村など「三浦一族の墓」とされるやぐら
 ・1247年の宝治合戦(北条時頼VS三浦氏)の遺跡
 三浦一族の墓1_R.JPG

 三浦一族の墓2_R.JPG

 三浦一族の墓3_R.JPG

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2022 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする