2022年11月18日

鎌倉のイチョウ黄葉を見る 2022.11

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
鎌倉でも「イチョウ黄葉」が始まっています。
場所によってその程度はまちまちですが、黄葉が割と早い所の木を見てみました。

イチョウ黄葉(11月下旬〜12月上旬)
<鎌倉検定公式テキストブック>
・鶴岡八幡宮の樹齢千年以上とされた「隠れイチョウ」は2010年(平成22)3月に倒伏し、現在そのひこばえなどから、次世代のイチョウを育成している。
・代わって鎌倉一の巨木になったのが、荏柄天神社の御神木。樹齢900年といわれ、幹の周囲は10メートル、高さは25メートル。
・現在では街路樹として見る機会が多いが、中国から日本に伝えられた当初は寺院境内に植えられたため、妙本寺や長勝寺などに巨木がある。
・寺社境内以外では、瑞泉寺のある紅葉ヶ谷の西側の谷にある獅子舞が一面の落葉で壮観。

源氏山公園大仏ハイキングコース入口側の西側広場の「イチョウ黄葉」
 源氏山公園イチョウ黄葉1_R.JPG

 源氏山公園イチョウ黄葉2_R.JPG

 源氏山公園イチョウ黄葉3_R.JPG

 源氏山公園イチョウ黄葉4_R.JPG

安国論寺山門前の「イチョウ黄葉」
 安国論寺イチョウ黄葉1_R.JPG

 安国論寺イチョウ黄葉2_R.JPG

 安国論寺イチョウ黄葉3_R.JPG

川喜多映画記念館遊歩道脇の「イチョウ黄葉」
 川喜多映画記念館イチョウ黄葉1_R.JPG

 川喜多映画記念館イチョウ黄葉2_R.JPG

 川喜多映画記念館イチョウ黄葉3_R.JPG

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2022 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする