2017年03月30日

鎌倉検定−頼朝の鎌倉入り(1216年11月24日)を読む(25)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

(47)健保4年(1216)11月24日
 源実朝が宋の医王山参詣のため、宋人陳和卿に唐船の建造を命じる。陳和卿は東大寺大仏の再建にあたった宋の技術者。6月に鎌倉に下ってきて実朝と対面した折、実朝が前世において宋の医王山の長老であったと述べたことによる。
 しかし、唐船は、翌年4月に完成したものの、なぜか進水には失敗することになる。

藤沢市の船玉神社
船玉神社案内板
船玉神社案内板.JPG

船玉神社全景
船玉神社.JPG源実朝が宋へ渡るため、船の用材を大鋸の地から伐り出したと伝えられています。

乗船成就、海上守護のために勧請されたのが「船玉神社」ということです。

船玉神社は、鎌倉市の隣の藤沢市大鋸にあります。

船玉神社の鳥居と本殿の扁額
船玉神社鳥居.JPG 船玉神社本殿.JPG

船を浮かべた由比ヶ浜
 由比ヶ浜.JPG

陳和卿(ちんなけい)
 鎌倉時代初期に宋から来た仏像技術者。
 戦火のため焼け落ちた東大寺大仏の首を鋳造するため,東大寺僧重源に招かれました。

 1195年3月、東大寺の再建供養式典の際、源頼朝が面会を申し入れたが、「頼朝は平家と戦った時に多くの人の命を奪っており、罪深い人間であるので面会したくない」と面会を断ったといわれています。

 ※「鎌倉彫」の歴史は、運慶の子の康運が、陳和卿の持ってきた彫漆工芸(漆を幾度にも塗り重ねたものに彫刻を施す工芸)を真似て仏具を作ったのが最初と考えられています。



これで、「第一部 鎌倉幕府の興亡 第一章 頼朝の鎌倉入り」は終わりです。
次回から、「第二章 天変地異起こる」を読みます。

 
posted by トシ999 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448200660

この記事へのトラックバック