2017年04月18日

鎌倉検定−天変地異起こる(1224年12月26日)を読む(3)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

E元仁元年(1224)12月26日
 北条泰時が疫病の流行により、四角四境の鬼気祭を修する。四境とは、東は六浦、南は小壺、西は稲村、北は山内といい、当時の鎌倉の外側の範囲を示している。
 中世の鎌倉では疫病流行にさいして、その消除祈願が由来とみられる祇園御霊会が天王社・祇園社・牛頭天王などで行われていた。

四境とはどこか
 四角四鏡地図.jpg

 ※四角四境祭
  陰陽道(おんようどう)で、疫神の災厄を払うために、家の四隅と国の四方の境で行った祭祀。

北条泰時(1183〜1242年)
 鎌倉幕府3代執権
 1221年、承久の乱で京都に攻め上り、初代六波羅探題北方に就任しました。
 泰時は、4代将軍藤原頼経を擁して、1224年〜1236年までの12年間、執権として政務にあたりました。
北条泰時の系図
 北条泰時系図.jpg
執権政治確立の流れ
・1224年6月13日に2代執権北条義時が亡くなり、6月28日に北条政子は「北条泰時」を新執権に指名しました。
・1225年7月11日に、「尼将軍」北条政子も亡くなりました。
・この後、北条泰時は幕府を大倉から「宇津宮辻子」に移し、有力御家人の合議で重要政策を決定するために評定衆11 名を任命し,武家による最初の法令集「御成敗式目」を定め、執権政治を確立しました。

粟船山常楽寺
 1237年創建の臨済宗のお寺で、開山は蘭渓道隆。
 「北条泰時」が妻の母の供養のため粟船御堂を建て、退耕行勇が供養の導師を務めたのが始まりとされています。
 ※このお寺については、「鎌倉大船のお寺を見る(粟船山)」を参照。

仏殿には、「阿弥陀三尊像」が祀られています
 常楽寺仏殿.JPG

 
posted by トシ999 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448786074

この記事へのトラックバック