2017年04月22日

鎌倉検定−天変地異起こる(1236年8月4日)を読む(7)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

 今回は、「若宮大路御所への移転」です。
O嘉禎2年(1236)8月4日
 第4代将軍藤原(九条)頼経が宇津宮辻子御所から北側の若宮大路の新造された御所に移る。これが第一期若宮大路御所である。
 この新御所は、宇津宮辻子御所の北西にあったが、この両御所は同一区画内にあり、宇津宮辻子を主にして呼んだのが宇津宮辻子御所であり、他方、若宮大路を主として呼んだのが若宮大路御所である。
 この御所の移転によって鎌倉の町の中心は鶴岡八幡宮・大倉御所・永福寺を結ぶ地域から、鶴岡八幡宮とそれから南に延びる若宮大路に移って行く。

若宮大路御所
 「若宮大路幕府」は、1236年〜1333年まで、97年間の将軍御所でありました。
 この間、将軍は、「藤原頼経→藤原頼嗣→宗尊親王→惟康親王→久明親王→守邦親王」と代わっていきました。
「若宮大路幕府」の場所
 「宇津宮辻子幕府」の北側に位置しました。
 若宮大路幕府跡地図.jpg

 ※「宇津宮辻子幕府」については、「鎌倉検定−天変地異起こる(1225年12月20日)を読む(4)」を参照。

「若宮大路幕府跡」の石碑
 執権北条泰時は、1236年12月に「若宮大路新御所」の北隣に自邸を新造して移りました。
 若宮大路幕府跡石碑1.JPG

 若宮大路幕府跡石碑2.JPG

段葛と若宮大路の遠景
 段葛と若宮大路遠景.JPG
 
posted by トシ999 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449178608

この記事へのトラックバック