2017年07月20日

鎌倉検定−蒙古の襲来(1308年12月22日)を読む(16)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

 今回は、「鎌倉五山の先駆け」です。
(26)延慶元年(1308)12月22日
 北条貞時の申請によって、建長寺、円覚寺を定額寺とする。
 定額寺になったことによって、両寺は、北条氏の私寺から、官寺に準じる寺格となり、これがのちの鎌倉五山の制度の先駆となる。

鎌倉五山とは
・五山制度はもともと中国南宋のもので、禅寺を格付けして官が任命
した住持を順次上位の寺に昇任させる制度。
 
・五山の僧は漢詩文をよくし、鎌倉時代の後期や南北朝期を中心に
数多くの作品を残し、それらは「五山文学」と称されます。

・後醍醐天皇、足利尊氏、足利義詮が決めてきましたが、最終的には、
1342年、三代将軍「足利義満」によって現在の形になりました。

第一位 巨福山建長寺

1253年、北条時頼が創建。
※「北鎌倉のお寺を見る(巨福山)」を参照。

 右:建長寺仏殿 
建長寺仏殿.JPG
第二位 瑞鹿山円覚寺

1282年、北条時宗が創建。
※「北鎌倉のお寺を見る(瑞鹿山)」を参照。

 右:円覚寺仏殿 
円覚寺仏殿.JPG
第三位 亀谷山壽福寺

1200年、北条政子が創建。
※「鎌倉扇ヶ谷のお寺を見る(亀谷山)」を参照。

 右:壽福寺仏殿
壽福寺仏殿.JPG
第四位 金宝山浄智寺

1281年、北条宗政夫人と子の師時が創建。
※「北鎌倉のお寺を見る(金宝山)」を参照。

 右:浄智寺仏殿(曇華殿) 
浄智寺曇華殿.JPG
第五位 稲荷山浄妙寺

1188年、足利義兼が創建。
※「鎌倉浄明寺のお寺を見る(稲荷山)」を参照。

 右:浄妙寺本堂 
浄妙寺本堂.JPG

 ※創建された順序としては、「浄妙寺→壽福寺→建長寺→浄智寺→円覚寺」となります。

 
posted by トシ999 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック