2017年07月25日

鎌倉検定−蒙古の襲来(1327年8月)を読む(19)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

 今回は、「瑞泉寺の起源」です。
(32)嘉暦2年(1327)8月
 夢窓疎石が端泉院を建立する。
 疎石は、かつて建長寺・円覚寺で一山一寧に参禅したこともあったが、その後、甲斐・美濃・京・土佐と転々とすごしていた。北条高時の母覚海尼が、疎石の高名を聞き、懇請して鎌倉に遇する。
 その後、まもなく、疎石は後醍醐天皇に招かれて、京都の南禅寺に滞在するが、再度、高時の懇請で鎌倉に入り、このたび二階堂の地に瑞泉院を建てる。これが瑞泉寺の源になる。
 翌年、疎石は、寺域にあらたに観音堂や山頂に徧界一覧亭をもうける。

夢窓疎石(夢窓国師)(1275〜1351年)
 足利尊氏らの信仰が厚く、瑞泉寺の開山に迎えられた後、京都・天龍寺などの開山ともなる。
 造園の設計でも知られ、五山文学の発展にも寄与した。

 ※円覚寺には、五山文学の隆盛に貢献した夢窓疎石の塔頭「黄梅院」があります。
  「黄梅院」は、のちに足利義詮の遺骨が分骨され、足利氏の菩提寺の性格も帯びました。

瑞泉寺本堂には、右に開山「夢窓国師像」が祀られています
瑞泉寺本堂内説明板.JPG

 瑞泉寺本堂内部.JPG

 夢窓国師像.JPG

錦屏山瑞泉寺
 「足利基氏」をはじめ、代々の鎌倉公方の菩提寺として、塔頭も十を超え、関東十刹第一位の格式を誇りました。
本堂
 瑞泉寺本堂.JPG

国の名勝「瑞泉寺庭園」:「徧界一覧亭」は、この岩崖の上の方にあります
 瑞泉寺庭園.JPG
 ※このお寺については、「鎌倉二階堂のお寺を見る(錦屏山)」を参照。

瑞泉寺案内板
瑞泉寺案内板.JPG

瑞泉寺境内図
瑞泉寺境内図.JPG

 
posted by トシ999 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック