2017年07月28日

鎌倉検定−蒙古の襲来(1333年12月14日)を読む(22)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

 今回は、「足利直義の鎌倉下向」です。 鎌倉幕府が滅亡し、鎌倉はどうなったのでしょうか?
(36)元弘3年(1333)12月14日
 足利直義が成良親王を奉じて鎌倉に下向する。
 鎌倉幕府滅亡後、足利尊氏の嫡子千手王(のちの義詮)が鎌倉に入り、二階堂の別当坊で軍勢を統括し、新田義貞も足利氏に野心のないという起請文を退出していた。
 しかし、幼少の千手王では心細いと、この日、4歳の後醍醐天皇の皇子成良親王を奉じて、尊氏の弟直義が鎌倉に入ったのである。

足利直義(1306〜1352年)
 足利貞氏の三男で、足利尊氏の同母弟。
 鎌倉幕府滅亡後、鎌倉に入り、尊氏とともに建武の新政に貢献したが、のちに不和となり、毒殺されました。

成良親王(1326〜1344年)
 後醍醐天皇の皇子。鎌倉幕府滅亡後、関東統治を目的に鎌倉へ下向。
 その後、京に戻り、1335年征夷大将軍に任ぜられるが、まもなく解任されました。

泉谷山浄光明寺
 1251年創建。開山は真阿(真聖国師)。開基は北条長時(6代執権)。
 1333年に成良親王の祈願所となる一方、浄土、華厳、真言、律の四つの勧学院を建て、学問道場としての基礎を築きました。
 また、足利尊氏、直義兄弟の帰依は厚く、寺領や仏舎利の寄進を受けました。

山門
 浄光明寺山門.JPG
 ※このお寺については、「鎌倉扇ヶ谷のお寺を見る(泉谷山)」を参照。



これで、「第一部 鎌倉幕府の興亡  第三章 蒙古の襲来」は終わりです。

次回から、「第二部 鎌倉公方の盛衰  第一章 鎌倉公方の誕生」を読みます。

posted by トシ999 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック