2017年08月04日

鎌倉大町界隈の今は 2017.8

大町四ツ角」の周辺の様子を見てみました。

「大町四ツ角」の周辺の地図
大町エリア散策.jpg

町屋址(海側から「大町四ツ角」方面を見る)
 町屋址.JPG

町屋址石碑.JPGこの辺りは、鎌倉時代に鎌倉が繁栄していた当時、商業地域でした。
その中央の大通を「大町大路」と呼んでいました。

 その他には、「米町、辻町、魚町、名越」などの区域がありました。それぞれの町屋のあった所と思われます。

なお、「吾妻鏡」では、商業活動を行う場所として、「大町・小町・米町・亀谷辻・和賀江・大倉辻・気和飛坂山上」の7か所が登場します。

鎌倉十橋の一つ「逆川橋(さかがわばし)」(「さかさがわばし」ともいわれます)
 住宅地の中にある逆川は、大町・名越の奥から流れてきて、滑川に合流する川だが、名越から流れる川筋が屈曲して北上し、川の流れが逆行しているように見えます。
 普通は海に向かって南へ流れている流れが、再び山に向かって逆行するこの辺りに橋が架けられているので、「逆川橋」と呼ばれています。
 逆川橋1.JPG

 逆川橋2.JPG

法華山本興寺(大町)
山門
 1336年創建。日蓮宗。開基は天目。開山は日什。
 本興寺山門.JPG

本堂横に、サルスベリの大木があります
 本興寺.JPG

 本興寺サルスベリ1.JPG

本堂側から山門側を見て
 本興寺サルスベリ.JPG

慧雲山常栄寺(大町)
山門
 1606年創建。開山は日詔。愛称は、「ぼたもち寺」です。
 1271年の「龍ノ口の法難」の際、捕えられた日蓮が裸馬に乗せられ小路を引きまわされている途中、この地に住む桟敷の媼が日蓮に「ゴマの餅」を捧げたという話が伝わっています。
 寺号は媼の法号である「妙常日栄」からとられました。
 常栄寺山門.JPG

山門の前には、フヨウが見られます
 常栄寺フヨウ.JPG

本堂前には、オオハンゴンソウが見られます
 常栄寺.JPG

 常栄寺オオハンゴンソウ.JPG

 
posted by トシ999 at 17:34| Comment(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。