2018年12月29日

2018年鎌倉検定3級の問題をpickupする−伝説編(2)

今月は、今年の3級の問題をいくつか取り上げて深堀してみましょう。

今回は、「塩嘗地蔵の伝説について」です。
[7]鎌倉の伝説に関する記述について,最も適当なものを1 〜 4 から選びなさい。
 (100) 本堂前にある地蔵が塩をなめたという伝説が残る寺院はどこか。
  1 瑞泉寺  2 覚園寺  3 光触寺  4 浄妙寺
 

 ・光触寺には、「塩嘗地蔵」が境内に祀られています。
 
正解は、「3 光触寺」です。 

岩蔵山光触寺(十二所)
 ・時宗。1279年創建。開山は作阿。開基は一遍。
 ・鎌倉三十三観音霊場の第7番札所。
光触寺の山門と本堂
 光触寺山門.JPG

 光触寺本堂.JPG

塩嘗地蔵の伝説
 六浦の塩売りが鎌倉へ出たとき、このお地蔵様に塩を初穂にあげると帰りにはないので、地蔵が嘗めたのだろうといわれるようになったということです。 

本堂前に祀られている「「塩嘗地蔵」
 塩嘗地蔵.JPG


 ※光触寺には、「頰焼阿弥陀如来像」にまつわる伝説もあります。


 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 鎌倉検定(過去問) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: