2018年11月14日

鎌倉ゆかりの人物―北条政子のあれこれ

「鎌倉検定公式テキストブック(新版改訂)」から、鎌倉ゆかりの人物を見てみました。

今回は「尼将軍・北条政子」です。

北条政子
1157
〜1225年
・源頼朝の妻。頼朝が伊豆蛭ヶ小島に流されていた時の監視役が北条時政で、政子はその長女。
・頼朝の死後出家したが、源頼家、実朝の後見として政務を担い、尼将軍と称されました。

「北条政子」の系図
 北条政子の系図.jpg

「北条政子」の主な功績やその時代の出来事
段葛と旗上弁財天社の裏にある「政子石」・1182年、源頼朝は妻政子の安産祈願のため、鶴岡八幡宮の参道若宮大路と段葛を造営しました。
北条政子は平家滅亡の悲願のため、大庭景義に命じ源平池と弁財天社を祀りました。
・旗上弁財天社の裏手に、古来縁結びの霊能があり、姫石とも称される「政子石」が置かれています。
静の舞で源頼朝をなだめた「北条政子」・1186年、源義経と別れた静は捕らえられ、鎌倉へ送られて来ます。
・源頼朝は静に鶴岡八幡宮若宮回廊での舞を命じますが、静の義経を慕う歌と舞いに怒ります。
・そこで北条政子は、かつて自分も頼朝を思い慕った気持ちを教え諭して、頼朝の怒りをなだめました。
1193年、源頼朝が弟範頼を伊豆国へ追放・源頼朝が富士裾野の巻狩りを行ったときに、「曽我兄弟の仇討ち」事件が発生し、頼朝も討たれたという憶測でうろたえる北条政子に、範頼は「私がいるから大丈夫だ」と言ったといわれています。
・範頼は、この言葉により頼朝に謀叛の疑いをかけられ、その後、伊豆修禅寺に幽閉されて殺されました。
鎌倉五山第三位の「亀谷山壽福金剛禅寺」(扇ガ谷)

※「鎌倉扇ヶ谷のお寺を見る(亀谷山)」参照。
・1200年、北条政子が栄西を招いて開山しました。
・この地一帯は、源頼朝の父義朝の屋敷跡(鎌倉之楯)とされ、三浦義明の弟岡崎義実が義朝供養のために堂を建てていたが、政子は岡崎義実の子土屋義清に依頼してその土地を献上させ、栄西に寄進して壽福寺を建立しました。
北条政子の墓(五輪塔)が建立されています。
北条政子発願像の可能性が高い壽福寺の「銅造薬師如来坐像」

※「鎌倉国宝館HP 銅造薬師如来坐像」参照。
・壽福寺の「銅造薬師如来坐像」は、1208年に鶴岡八幡宮の境内に創建された神宮寺の本尊だったもの。
・『吾妻鏡』によれば北条政子発願の金銅三尺薬師三尊が1211年11月16日に供養され、鶴岡神宮寺に安置されたことが知られています。
・明治の神仏分離によって鶴岡八幡宮から壽福寺へ移され、現在は、鎌倉国宝館に寄託されています。
鶴岡八幡宮「白旗神社」の創建・1200年、祭神を源頼朝として北条政子によって創建されたと伝えられています。
・明治時代に源実朝を祀る柳営社と合祀され、現在地に遷され、祭神は「源頼朝と源実朝」となっています。
1203年「比企氏の乱」・源頼朝の死後、北条政子は頼家の権限を奪い、跡を継いだ頼家は実権を北条氏に掌握されていました。
・病床の頼家は、頼家の外戚の比企能員と北条氏討伐の企てを話し合っていましたが、それを北条政子に聞かれてしまいました。
・1203年、比企能員は名越の北条邸で謀殺され、頼家も将軍職をはく奪されました。
「北条政子・義時」らによる北条時政の失脚・1205年、畠山重忠・重保親子は、北条時政の策略で謀反の疑いにより北条軍に討たれてしまいました。(畠山重忠の乱
・この後、北条時政が源実朝を殺害し、北条時政の後妻牧ノ方の女婿平賀朝雅を将軍に立てようとしたが、「北条政子・義時」らに阻止され、義時が執権に就任し、時政は失脚・追放されました。
1221年「承久の乱」で、北条政子の御家人への訓示で幕府は結束後鳥羽上皇は、執権北条義時追討の命令を諸国の武士に下しました。
・これに対し、尼将軍「北条政子」は御家人を招集し、頼朝以来の御恩を訓示して結束を固めました。
・幕府軍18万騎が京へ攻めのぼり、戦いは幕府方の圧倒的勝利をもって終わりました。(承久の乱
ツツジの寺、「祇園山安養院田代寺」(大町)

※「鎌倉大町のお寺を見る(衹園山)」参照。
・浄土宗。開山は願行。開基は北条政子。安養院は北条政子の法名。
北条政子が安養院に祀られている観音に祈ったおかげで源頼朝と結ばれ、源頼朝が将軍になったことから、この寺の観音は「良縁観音」とも「昇竜観音」とも呼ばれている。
北条政子の供養塔(宝篋印塔)が建立されています。

「旗上弁財天社」とその裏手に置かれた「政子石」
 旗上弁財天社.JPG

 政子石.JPG

鶴岡八幡宮「白旗神社」
 鶴岡八幡宮白旗神社.JPG

「壽福寺」と「北条政子の墓」(五輪塔)
 壽福寺.JPG

 壽福寺北条政子墓.JPG

「安養院」と「北条政子の供養塔」(宝篋印塔)
 安養院.JPG

 安養院北条政子の墓.JPG

『北条政子』などの歴史小説を書いた「永井路子」(1925年(大正14)〜 )
 ・『北条政子』や『炎環』で直木賞を受賞した日本の歴史小説家。
 ・『炎環』は、鎌倉幕府成立の時代を、阿野全成(頼朝の弟)、梶原景時、北条保子
  (北条政子の妹、全成の妻)、北条義時をそれぞれ主人公に描いた作品。
  NHK大河ドラマ「草燃える」の原作の一つ。
 ・1962年、鎌倉市に住居を構え、2001年まで鎌倉山に住んでいました。
 ・1998年(平成10)に、「鎌倉市名誉市民」になりました。
鎌倉市名誉市民
 鎌倉市では、学術技芸その他文化の振興及び地方自治の進展に貢献し、その功績が非常にすぐれ世の尊敬を受ける方に対して、「鎌倉市名誉市民」の称号を贈呈しています。
 →「鎌倉市の名誉市民についてのまとめ」を参照。

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: