2019年07月19日

ふりかえり鎌倉―焼けた鍋をかぶせられた住職(鎌倉検定:寺院・神社編(10))

鎌倉検定過去問を振り返り、鎌倉を楽しむ回として情報をお届けします。

今回は、「焼けた鍋をかぶせられた住職について」です。
設問
@室町時代、焼けた鍋をかぶせられても自説を曲げなかった第2代住職がいた寺はどこか。
Aこの寺の第2代住職とはだれか。
Bこの逸話から、第2代住職は、別名何と呼ばれたか。

解答と解説
@(叡昌山)妙隆寺
A日親上人
B鍋かむり日親


叡昌山妙隆寺(小町)
・日蓮宗。1385年創建。開山は日英。本尊は日蓮。
・有力御家人の千葉常胤の子孫胤貞の別邸跡に創建されたため、千葉屋敷とも呼ばれています。
・1385年、胤貞が、下総の中山法華経寺の日英を迎え、七堂伽藍を建立したと伝えられています。寺は鎌倉における中山門流の中心となりました。

・第二世日親は、室町幕府の拷問に耐えたことで、「鍋かむり日親」と呼ばれました。

・広島で被爆死した「新劇の團十郎」こと「丸山定夫の石碑」があります。

・鎌倉・江の島七福神の「寿老人」を安置しています。 

妙隆寺案内板
 妙隆寺案内板.JPG

9月の「山門」と「本堂」の様子
 妙隆寺山門.JPG

 妙隆寺本堂.JPG

行法御池の後ろに安置された「鍋かむり日親上人石像」
 なべかむり日親石造.JPG

日親上人行法御池之霊跡.JPG

・室町幕府六代将軍足利義教の頃、日親上人は幕府の弾圧にも屈せず法華経の信仰を主張し、政治を批判しました。
・幕府に捕えられた日親は、熱した鍋を頭にかぶせられても、なお南無妙法蓮華経と唱えることをやめませんでした。
・その信念を称えて、後世の人々は「鍋かむり日親」と呼びました。

新劇の團十郎こと「丸山定夫の石碑」
 丸山定夫の石碑.JPG

 丸山定夫の碑文.JPG

鎌倉・江の島七福神の「寿老人」と、境内に置かれた「石造寿老人」
 寿老人の社.JPG

 寿老人.JPG

 石造寿老人.JPG

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 寺院・神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: