2022年05月21日

鎌倉大巧寺の今は 2022.5

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
花の寺「大巧寺」の今を見てみました。
いろいろな花が見られます。

長慶山大巧寺(小町)
 ・日蓮宗。開山は日澄。
  もともとは十二所にあって、大行寺という真言系の寺院だったが、源頼朝がこの寺で
  軍議のあと大勝を収めたことにちなみ、現在の名前に改名したと伝えられています。
 ・「おんめさま」の名で親しまれ、1532年、第5世の日棟が、難産で死んだ秋山解由の
  妻の霊魂を鎮めるため、産女(うぶめ)霊神として奉ったことによります。

小町大路側の山門から見る景色
 大巧寺_R.JPG

「ムラサキツユクサ」の紫と白の花が見られます
 大巧寺ムラサキツユクサ_R.JPG

 大巧寺ムラサキツユクサ白_R.JPG

「ベビーサンローズ(ハナヅルソウ)」の黄花が見られます
 大巧寺ハナヅルソウ(ベビーサンローズ)_R.JPG

「シラン」の紫と白の花が見られます
 大巧寺シラン_R.JPG

 大巧寺シロバナシラン_R.JPG

「イワフジ」が散り始めています
 大巧寺イワフジ_R.JPG

「ニオイバンマツリ」が満開です
 大巧寺ニオイバンマツリ_R.JPG

「テイカカズラ」が本堂前と、参道脇に広がっています
 大巧寺テイカカズラ1_R.JPG

 大巧寺テイカカズラ2_R.JPG

秋には赤い実をつける「ガマズミ」の白い花が見られます
 大巧寺ガマズミ_R.JPG

枝先がブラシ状になった「コバノズイナ」の蕾が見られます
 大巧寺コバノズイナ蕾_R.JPG

若宮大路側の山門傍には、名残の「シャクナゲ」が見られます
 大巧寺シャクナゲ_R.JPG

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2022 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック