2016年01月20日

北鎌倉のお寺を見る(金宝山)

写真を見ながら鎌倉を知ろう、というテーマで進めていきます。

次の写真は、鎌倉のどこか?考えながらいきましょう(正解は、最下段)。
<総門>
 総門には「寶所在近」の扁額がかかっています。
 「寶所」とは、悟りの世界の彼岸であり、その道のりは決して遠くなく、我々の近くにあるということに気づけということのようです。
浄智寺総門.JPG鎌倉五山第4位。
臨済宗円覚寺派。

1281年、北条宗政の菩提を弔うため、その子の10代執権北条師時らが創建。
開山に南洲宏海が招かれたが、師の大休正念兀菴普寧に譲ったことで、開山は3人です。

<甘露ノ井>
甘露ノ井.JPG総門近くには、「鎌倉十井」の一つの「甘露ノ井」があります。

鎌倉十井」とは、水質もよく美味で、江戸時代に観光地としての鎌倉を名数を使って紹介したことにはじまる、伝説やいわれが残る代表的な十の井戸のことです。

<鐘楼門>
鐘楼門.JPG二階に花頭窓のある唐様の鐘楼門は鎌倉唯一です。

この二階にある鐘で除夜の鐘を突きます。

<仏殿(曇華殿)>
曇華殿.JPG木造三世仏坐像」が安置されています。

仏教では、過去、現在、来来という三つの世を、人間は生き続けるといいます。
その三世に対応した仏様がいます。(下の写真)

三世仏坐像.JPG向かって左から、
「阿弥陀如来(過去)、
 釈迦如来(現在)、
 弥勒如来(未来)」
です。

<鎌倉七福神の布袋尊>
布袋尊.JPG境内の奥の洞窟には、鎌倉七福神の一つ「布袋尊」が祀られています。

布袋尊は、弥勒菩薩の化身といわれています。

<花木>
 境内には鎌倉一の大きさを誇るコウヤマキビャクシンタチヒガンがあります。
コウヤマキ浄智寺コウヤマキ.JPG
 曇華殿の左横にあります。
 市指定天然記念物で、推定樹齢は700年です。

 本州、四国、九州に自生する日本固有の常緑性針葉樹で、和歌山県の高野山に多くみられるのでこの名前があります。

ビャクシン浄智寺ビャクシン.JPG
 曇華殿の前に3本あります。
 市指定天然記念物で、推定樹齢は700〜800年です。

 鎌倉のお寺にはビャクシンの木は多く、浄智寺以外にも、建長寺、円覚寺、寿福寺、大慶寺、成福寺、浄光明寺、鶴岡八幡宮のビャクシンが天然記念物として指定されています。

タチヒガン浄智寺タチヒガン.JPG
 拝観受付の後ろにあります。
 市指定天然記念物で、推定樹齢は120年です。
 彼岸桜ともいわれます。
 桜より若干早く咲き、開花時期は、3月末〜4月上旬です。




※正解は、金宝山浄智寺
 
posted by トシ999 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院・寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック