2016年10月17日

鎌倉大町のお寺を見る(長興山)

写真を見ながら鎌倉を知ろう、というテーマで進めていきます。

次の写真は、“鎌倉のどこか?”、考えながらいきましょう。(正解は、最下段)
総門
妙本寺総門.JPG1260年創建。
開山は日蓮
開基は比企能員の子、比企能本
山号の長興山は、能本の父能員の法号。
1203年、比企一族は北条時政に滅ぼされましたが、京都にいた比企能員の末子「能本」は生き残り、後に比企氏の館の跡地に法華堂を建立しました。

祖師堂
祖師堂.JPG日蓮が身延に隠遁すると、直弟子の日朗はここを拠点に布教を行いました。

この中には、日蓮聖人像、及び日朗、比企能員夫妻、日輪、比企能本夫妻の像が祀られています。

現在の建物は、1838年に建立。

蛇苦止堂(じゃくしどう)>
蛇苦止堂.JPG能員の娘で、鎌倉幕府二代将軍源頼家に嫁した「若狭局」を祀っています。

総門を入ってから左手に上っていくと、蛇苦止堂があります。

比企一族の供養塔
比企一族供養塔.JPG比企能員夫妻らの墓。

1203年、比企一族は北条時政に滅ぼされました。
これを「比企氏の乱」といいます。

源頼家の外戚として権力を振るった比企能員は、頼家に命じられた北条氏討伐の企てが北条政子に知られ、逆に名越の北条邸で謀殺されました。

一幡の袖塚
一幡の袖塚.JPG若狭局の子で、比企氏の乱で6歳で落命した一幡を祀っています。
(焼け跡から見つかった一幡の袖を祀っている。)

<花木>
 有名なのは、4月の「カイドウ」と7月の「ノウゼンカズラ」です。
 妙本寺カイドウ.JPG

 妙本寺ノウゼンカズラ.JPG






※正解は、長興山妙本寺
 
posted by トシ999 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院・寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック