2016年11月15日

鎌倉材木座のお寺を見る(天照山)

 写真を見ながら鎌倉を知ろう、というテーマで進めていきます。

 次の写真は、“鎌倉のどこか?”、考えながらいきましょう。(正解は、最下段)
総門
光明寺総門.JPG浄土宗大本山。1243年創建。
開基は北条経時(4代執権)。
開山は然阿良忠(記主禅師)
経時が良忠を招いて創建した佐助ヶ谷の蓮華寺を、1243年に材木座に移して現在の名前に改めました。
良忠は浄土宗の第三祖で、良忠が鎌倉に住んだことで浄土宗が関東以北へ広がったといわれています。

山門
光明寺山門.JPG1847年に再建された鎌倉に現存する最大の山門です。
建築は和様と唐様の折衷様式で、「江戸時代後期」の重厚な風格を備えています。
江戸時代には関東十八壇林の筆頭寺院として各地から学僧が集まり、修行の中心としても栄えました。
山門の「天照山」の扁額は後花園天皇の直筆とのことです。

本堂
 光明寺本堂.JPG

光明寺阿弥陀三尊像.JPG本尊は、阿弥陀三尊
両脇侍には、向かって左に「勢至菩薩」、向かって右に「観音菩薩」。

後土御門天皇からは関東総本山の称号を受け勅願所に定められました。
また、「十夜法要」も勅許され、10月には念仏法要が盛大に行われています。

記主庭園
記主庭園.JPG本堂左手にあり、伝小堀遠州作で、夏のベニバスが見事です。

八重のベニバスは大賀一郎博士が発芽させた古代バスといわれています。

※植物学者の大賀博士は、1951年(昭和26)、千葉市内で約2000年前の古ハスの実を発見し、発芽に成功しました。

内藤家歴代の墓
内藤家の墓.JPG境内には、大檀家、磐城平藩・日向延岡藩主の内藤家歴代の墓があります。

江戸時代の巨大な宝篋印塔数十基をはじめとする石造の墓塔群が200基近く並んでいます。

当麻曼荼羅縁起絵巻
この2巻は国宝で、鎌倉期の作品です。
→「鎌倉国宝館 収蔵品紹介HP」を参照下さい。

<「鎌倉アカデミア」の記念碑>
鎌倉アカデミア.JPG戦後間もなく、新しい時代の教育を目指す自立大学「鎌倉アカデミア」が開校されました。
境内にはその記念碑が建っています。

2代目学長に哲学者・三枝博音、教授陣には作家・高見順や歌人・吉野秀雄等がおり、作家・山口瞳、作曲家・いずみたく、タレント・前田武彦等の卒業生がいます。

裏山の展望
光明寺裏山展望台2.JPG本堂の裏を登っていくと、見晴らしの良い場所があります。

ここからの展望は、「かながわの景勝50選」のひとつです。

<花木>
サツキ(5月)
光明寺サツキ2014.JPG本堂右手にある「三尊五尊の石庭」が有名です。

・三尊:阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩(極楽浄土の仏様)

・五祖:お釈迦様から開山良忠上人に至るまでの五人の高僧
・・・お釈迦様、善導大師、法然上人、鎮西上人、良忠上人

タチアオイ(7月)
光明寺タチアオイ.JPG山門のすぐ脇で、赤やピンク、白など色とりどりの花を咲かせます。








※正解は、天照山光明寺

<案内板>
光明寺案内板.JPG
 
posted by トシ999 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院・寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443861282

この記事へのトラックバック