2017年04月21日

鎌倉検定−天変地異起こる(1232年7月12日)を読む(6)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

今回は、「和賀江嶋の築港」です。
L貞永元年(1232)7月12日
 勧進聖人往阿弥陀仏が鎌倉への船の着岸の煩いをなくすために、和賀江嶋を築くことを幕府に申請した。
 早くも8月9日には執権北条泰時以下の助力を得て完成している。
 のち建長5年(1253)ごろには、「和賀江の津の材木」といわれるほど、この付近は材木の売買が盛んな地となっている。

和賀江嶋
和賀江嶋の場所> 
 現在の鎌倉市材木座の東南の端に位置しています。
 「和賀」は、もともと「材木座」の古名ともいわれています。
 和賀江嶋地図.jpg

和賀江嶋の様子
 現存する日本最古の築港遺跡。
 相模川や酒匂川、伊豆近辺から運んだ石を積み上げ、約1ヶ月で完成したといわれています。
 材木座は遠浅の海なので、大型船も安全に出入りできるよう港湾整備の必要がありました。
 和賀江嶋.JPG

材木座の地名の由来
 1232年、和賀江嶋が造られて船着場ができると、遠くから材木などを運ぶのに便利な所となり、鎌倉の建築資材の集散地として一層にぎわい、多くの材木商人がこの地に住みつきました。
 この地域に集住した材木商人の組合(座)が結成され、それが地名の由来となったといわれています。
材木座海岸の様子
 材木座海岸.JPG

御成敗式目(貞永式目)
 同じ年の1232年8月10日に、執権北条泰時は、武士のための法典である「御成敗式目」を制定しています。

 
posted by トシ999 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

鎌倉検定−天変地異起こる(1231年1月14日)を読む(5)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

 今回は、「二階堂大路周辺の火災」です。
K寛喜3年(1231)1月14日
 大倉観音堂の西辺より出火し、二階堂大路に延焼している。
 この月25日には名越あたりで火災が起き、人家50余が焼亡し、翌11日には若宮馬場本の足利義氏邸が焼亡した。
 10月25日には北条時房の公文所が焼け勝長寿院の西辺りより永福寺総門内に延焼し、源頼朝や北条義時の法華堂などが炎上し、多数の死者をだした。
 この年の火災は放火の噂もあり、寛喜の大飢饉による人心の不安と動揺が広がっているなかでの火災の続発であった。

二階堂大路周辺の地図
 二階堂大路地図.jpg

足利義氏(1189〜1255年)
 鎌倉時代前期の武将。足利義兼と北条時政の娘時子との間の子(三男)。
 妻は北条泰時の娘。
足利義氏の系図
 源義家―義国―義康(足利氏)―義兼―足利義氏・・・・・・・足利尊氏    

北条義時の法華堂跡
法華堂跡案内板
 北条義時法華堂跡説明板.JPG

法華堂跡の平場の様子
 北条義時法華堂跡平場.JPG

上記の平場の西側に「源頼朝の墓」があります
 源頼朝の墓.JPG
 
posted by トシ999 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

鎌倉検定−天変地異起こる(1225年12月20日)を読む(4)

 鎌倉検定合格を目指して、「読んで分かる中世鎌倉年表」(→ココ参照)を読みながら、今の鎌倉を見てみましょう。

F嘉禄元年(1225)12月20日
 去る7月11日、故源頼朝夫人の北条政子が死去して以来、問題になっていた将軍御所の移転が行われ、将軍継嗣の藤原(九条)頼経が、北条義時邸南の仮御所から宇津(都)宮辻子の新御所に移った。
 10月4日、御所移転の候補地となった宇津宮辻子並びに若宮大路を北条泰時・時房らが視察し、政子の百ヵ日の法要がすむ12月5日に立柱・上棟をすませ、完成をまって移ったのである。

宇津宮辻子御所
 ※宇津宮辻子:「若宮大路」とその東側の「小町大路」を結ぶ小路。
宇津宮辻子幕府跡場所
 宇津宮辻子幕府跡地図.jpg
 1225年、将軍御所を「大倉」から「宇津宮辻子」に移しました。
 北条泰時は、大倉からこの地に幕府を移し、4代将軍藤原頼経を擁して、1225年〜1236年までの約11年間、執権として政務にあたりました。

宇津宮辻子幕府跡は、現在、宇都宮稲荷が祀られています
 宇津宮辻子幕府旧蹟.JPG

 
posted by トシ999 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする