2018年06月04日

鎌倉ゆかりの人物―鎌倉公方(足利基氏・氏満・満兼・持氏)のあれこれ

「鎌倉検定公式テキストブック(新版改訂)」から、鎌倉ゆかりの人物を見てみました。

今回は「鎌倉公方の足利基氏・氏満・満兼・持氏の4人」です。

鎌倉府と鎌倉公方とは
・「鎌倉府」とは、足利尊氏が、鎌倉を武家政権の要地として考えて置いた統治機構。
・1349年、足利尊氏は、鎌倉に義詮のあとに「基氏」を置いて、初代「鎌倉公方」とし、関東管領・評定衆・引付衆・諸奉行を設置し、関東8ヵ国に伊豆・甲斐を加えた10ヵ国を管轄させました。
 (関東管領:鎌倉公方の補佐役)
鎌倉公方は、基氏以降、4代続きました。 

鎌倉公方の系図
 鎌倉公方.jpg

足利基氏(1340〜1367年)
 ・1349年、10歳で初代鎌倉公方となりました。
 ・瑞泉院を中興し、「瑞泉寺」を建て、以後、鎌倉公方代々の菩提寺としました。
  足利基氏の墓は、瑞泉寺にあります。
 瑞泉寺庭園にアオサギ.JPG

 ・鎌倉尼五山の第一位とされた「太平寺」を中興したのは、足利基氏の未亡人である
  「清渓尼」です。

 ※「鎌倉検定−鎌倉公方の誕生(1349年10月3日)を読む(4)」を参照。

足利氏満(1359〜1398年)
 ・1378年、将軍足利義満を除こうとしたが、関東管領上杉憲春が自刃して諌めたため、
  中止したという事件がありました。 
 ・1380年、禅興寺(「明月院」の前身)の中興を上杉憲方に命じました。
 明月院総門にアジサイ.JPG

 ・1394年、上杉氏定に命じて「海蔵寺」を創建させました。
 海蔵寺薬師堂にサツキ.JPG

 ※「鎌倉検定−鎌倉公方の誕生(1367年4月26日)を読む(7)」を参照。

足利満兼(1378〜1409年)
 ・1399年、大内義弘が堺で将軍「足利義満」に対して挙兵した「応永の乱」では、義弘
  に呼応し、満兼自身も義弘に加勢するため鎌倉を発ち、進軍するが、関東管領の上杉
  憲定に諫止されました。

 ※「鎌倉検定−鎌倉公方の誕生(1398年11月4日)を読む(8)」を参照。

足利持氏(1398〜1439年)
 ・京都の将軍と鎌倉公方の対立は、足利氏満の時代にすでに始まっていたが、持氏の時
  代には、幕府側との対立は深刻化していきました。

 ・1416年、足利満隆と上杉禅秀が足利持氏に反乱を起こしました(上杉禅秀(氏憲)の
  乱
)が、失敗しました。
 ・1438年、永享の乱で、関東管領上杉憲実と対立し、1439年、足利義教と対立して、
  持氏は自害しました。

 ・別願寺境内に、大きな石の宝塔の「足利持氏の供養塔」があります。
 足利持氏供養塔.JPG

 ・本覚寺創建との関わりがあります。
  日蓮聖人没後、日出上人が鎌倉の地で布教を始めたが、鎌倉公方「足利持氏」の迫害
  にあいました。
  しかし、持氏は、日出上人の意志と結束の強さに感心し、夷堂の地を与え、寺を開く
  ように勧めました。
  こうして、本覚寺は、1436年に日出上人により創建されました。

 ※「鎌倉検定−鎌倉公方の誕生(1409年7月22日)を読む(9)」を参照。

浄明寺にある「足利公方邸旧蹟」の石碑
鎌倉公方邸旧蹟.JPG源頼朝が幕府を開いた時、足利義兼が住居をこの地に定めて以来、二百数十年間、子孫が代々この地に住みました。足利尊氏が権力を握って京都に移った後に、その子の義詮が2代将軍となって、京都の家を継ぐに及んで、義詮の弟の基氏が関東管領となって、軍の指揮をこの家からとりました。
こうして、家は子孫に引き継がれました。子孫は京都にならって公方と名乗っていました。
享徳四年(1455)公方成氏は、執事の上杉憲忠との不和により下総古河に移ったために、ついに永く廃墟となってしまいました。

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

鎌倉ゆかりの人物―朝比奈三郎義秀のあれこれ

「鎌倉検定公式テキストブック(新版改訂)」から、鎌倉ゆかりの人物を見てみました。

今回は「朝比奈三郎義秀」です。

朝比奈三郎義秀(1176〜?年)
 ・鎌倉時代初期の武将。鎌倉幕府の侍所の初代別当(長官)となった和田義盛の三男。
  和田義盛が北条氏打倒を企てて起こした和田合戦で、奮戦した武将。

「朝比奈三郎義秀」が、和田合戦で奮戦した様子
・1213年、和田義盛とその一族が、謀反の計画の処理を巡り執権北条義時と激しく対立し、挙兵しました。(和田合戦
朝比奈三郎義秀ら義盛の軍勢は、将軍御所(大倉御所)などを襲撃し、由比ヶ浜や若宮大路で戦闘が行われました。結局、和田義盛らが戦死して、合戦は終結しました。なお、当時の将軍は、源実朝でした。
朝比奈三郎義秀は、かつて育った安房国へ逃げ延びたということです。 

  ※和田合戦については、「和田合戦のこと―鎌倉検定2014年1級の問題から見た鎌倉(21)」を参照。

和田義盛と「朝比奈三郎義秀」の系図
和田義盛と三浦義村関係図.jpg

朝夷奈切通の入り口にある「三郎の滝」
 ・朝夷奈切通は、鎌倉と金沢(横浜市)を結ぶ切通で、六浦口とも呼ばれています。
  和田義盛の三男で豪傑だった、朝比奈三郎義秀が一夜にして切り開いたとの伝承が
  存在し、朝比奈峠の名の起こりとなっています。
 ・朝夷奈切通は、1241年、3代執権北条泰時が指揮を執り、整備が完成しました。
 朝夷奈切通入り口.JPG

 三郎の滝.JPG

朝夷奈切通の石碑
朝夷奈切通の石碑.JPG鎌倉七口のひとつで、鎌倉より六浦へ通ずる重要な道で、大切通、小切通の二つがあります。
土地の人の話では、朝夷奈義秀が一夜の内に切り抜いたので、その名前が付いたと伝えられていますが、吾妻鏡によると、仁治元年(1240)11月に鎌倉六浦間の道路開墾に関する議定があり、翌二年(1241)4月に工事が開始されました。
執権北条泰時もそこに出かけて監督しており、 多くの人が集まって土石を運ぶのを見たことが記載されています。この切通は、その時に開通したものと思われます。

※「朝夷奈切通の開通」については、「鎌倉検定−天変地異起こる(1241年4月5日)を読む(8)」を参照。

鎌倉七口のなかで当時の姿を最も今に伝えている「朝夷奈切通」の冬の姿
 朝夷奈切通1.JPG

 朝夷奈切通2.JPG

 朝夷奈切通3.JPG

 朝夷奈切通4.JPG

鎌倉七口
 鎌倉への出入り口は「鎌倉七口」と呼ばれて七つあり、出入り口として整備されました。室町時代中期の記録に見える「京都七口」を模した鎌倉名数の一つとされ、鎌倉七切通ともいいます。
 三方を山で囲まれた要害の地だった鎌倉は、外の地域との行き来には、険しい峠を越えなければなりませんでした。交通の要路であると同時に、外敵の侵攻から鎌倉を守るための防御拠点ともなりました。
 「切通」とは文字通り、山や丘陵を切り開いて通した道のことです。

 @名越(なごえ)切通      A朝夷奈(あさいな)切通
 B巨福呂坂(こぶくろざか)   C亀ヶ谷坂(かめがやつざか)
 D仮粧坂(けわいざか)     E大仏(だいぶつ)切通
 F極楽寺(ごくらくじ)切通
 

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

鎌倉ゆかりの人物―芥川龍之介のあれこれ

「鎌倉検定公式テキストブック(新版改訂)」から、鎌倉ゆかりの人物を見てみました。

今回は「芥川龍之介」です。

芥川龍之介(1892(明治25)〜1927年(昭和2))
 ・大正時代に鎌倉と深い関わりを残した作家。
  作品に『羅生門』『鼻』『蜘蛛の糸』『地獄変』『奉教人の死』『河童』など。

 ・1916年(大正5)、第4次「新思潮」を久米正雄、松岡譲、菊池寛らと創刊。
      横須賀の海軍機関学校の教師時代、由比ヶ浜の海浜ホテル近くに下宿。
 ・1918年(大正7)、塚本文と結婚し、約1年材木座で新婚生活後、東京に移住。
 ・1923年(大正12)、避暑のため鎌倉駅近くの旅館平野屋に逗留。

  ※写真は、「鎌倉文学館HP」を参照下さい。

芥川龍之介が材木座で新婚生活を送った場所
 ・元八幡の近くです。今は、アパートなどの住宅が立ち並んでいます。
芥川龍之介元住居地図.jpg

鎌倉同人会が設置した由比ヶ浜の「鎌倉海浜ホテルの石碑」
 ・「ここに鎌倉海濱院、鎌倉海濱ホテルありき」と刻まれた石碑は、鎌倉海浜公園の
  奥、江ノ電タンコロの横にあります。
 鎌倉海浜公園.JPG

 鎌倉海浜ホテル石碑.JPG

旅館平野屋に逗留し、岡本一平・かの子夫妻と出会いました
 ・1923年(大正12)、この年は、9月に関東大震災が発生した年ですが、8月に避暑の
  ために鎌倉駅前にあった旅館平野屋に逗留していた芥川は、岡本一平・かの子夫妻
  出会いました。

 ・「岡本かの子」は、このとき会った芥川を主人公に、「鶴は病みき」を書きました。
  「鶴は病みき」は、病状が進行しつつあった時期の芥川の隠れた日常を描いたモデル
  小説といわれ、岡本かの子は、その話題性によって文壇への足がかりを得ることに
  なりました。

かつての旅館平野屋があった辺りに建つ「ホテルニューカマクラ」
 ・鎌倉駅西口近くに建ち、木製の上げ下げ窓が整然と並ぶ概観が特徴的です。
ホテルニューカマクラ1.JPG

 ホテルニューカマクラ2.JPG

「ホテルニューカマクラ」は、鎌倉市景観重要建築物等のひとつ
 ・1924年(大正13)ごろの建築。戦前のホテル建築として貴重。
 ホテルニューカマクラ3.JPG

 ・ホテルニューカマクラの駐車場の脇に、「芥川龍之介」と「岡本かの子」の出会いを
  説明した看板があります。
ホテルニューカマクラ4.JPG

そのほかの鎌倉文士などとの関わり
 ・鎌倉在住の日夏耿之助広津和郎と親交しました。
 ・夏目漱石の門下生でありました。

posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする