2017年08月19日

鎌倉成福寺のサルスベリはどう? 2017.8

成福寺」の「サルスベリ」の様子を見てみました。

 今年は、どこでもサルスベリがあまりきれいに咲いていないような気がします。
 そこで、成福寺の様子を見てみました。

亀甲山成福寺(小袋谷)
山門
 鎌倉で唯一の浄土真宗
 開山は成仏で、北条泰時の子、泰次といわれています。
 1232年、親鸞に師事して成仏の名をもらい、天台宗から浄土真宗に改宗しました。
 鎌倉幕府が倒れたときの住職成円は、北条高時の実弟だったため寺を追われ、以後、70年ほど無住だったということです。
 成福寺山門.JPG

本堂
 本尊は、阿弥陀仏。
 木造聖徳太子像は16歳の太子をかたどったもので、玉眼を入れ、彩色を施した写実的な像。
 聖徳太子像は、親鸞から与えられたものということです。
 成福寺本堂.JPG

本堂前には、「親鸞聖人像」が建立されています
 親鸞聖人像.JPG

本堂横には、サルスベリの大木が花を咲かせています
 成福寺サルスベリ1.JPG

 成福寺サルスベリ2.JPG

 成福寺サルスベリ3.JPG

笠智衆(1904〜1993年)
 成福寺で眠っています。
 松竹の大船移転にともない、大船観音寺の近くに移り、没年まで住んでいました。
 「東京物語」など小津安二郎監督の多くの作品に出演し、山田洋次監督の「男はつらいよ フーテンの寅さん」の御前様として親しまれました。
 笠智衆の墓.JPG

 
posted by トシ999 at 15:14| Comment(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

鎌倉鶴岡八幡宮のぼんぼり祭は終わりました 2017.8

鎌倉の夏の風物詩、「ぼんぼり祭」は、9日で終了しました。
 →「鎌倉鶴岡八幡宮のぼんぼり祭 2017.8」を参照。

※今回は、夜の様子です。
夜6時半〜7時前くらいまでの様子(まだ明るいです)
 ぼんぼり祭夜1.JPG

 ぼんぼり祭夜2.JPG

夜、6時半から、巫女さんにより各所のぼんぼりに点灯作業が開始されました
 巫女さん1.JPG

 巫女さん2.JPG

昼と夜では、ぼんぼりの雰囲気も少し違うようで面白いです (左:昼、右:夜)
蛭子能収ぼんぼり.JPG 蛭子さん.JPG

榎木孝明ぼんぼり.JPG 榎木さん.JPG

竹中直人さんもご自分のぼんぼりの前で記念撮影に応じていました
 竹中さん.JPG

 
posted by トシ999 at 11:13| Comment(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

鎌倉鶴岡八幡宮のぼんぼり祭 2017.8

鎌倉の夏の風物詩、「ぼんぼり祭」が、8月6日〜9日まで、鶴岡八幡宮で開催中です。

 この期間は、「夏越祭」に始まり、「立秋祭」、「実朝祭」(9日が誕生日)が行われます。
 鎌倉近在の画家、書家、学者など著名人が揮毫した約400点のぼんぼりが境内に掲揚され、夕刻になると巫女の手によって明かりが灯されます。

参道の両側に立ち並ぶぼんぼり
 ぼんぼり祭1.JPG

 ぼんぼり祭2.JPG

参道の横から眺めるぼんぼりの列
 ぼんぼり祭3.JPG

白旗神社の方までぼんぼりが立ち並びます
 白旗神社ぼんぼり.JPG

著名人の作品も見られます
 蛭子能収ぼんぼり.JPG蛭子能収

 竹中直人ぼんぼり.JPG竹中直人

 榎木孝明ぼんぼり.JPG榎木孝明


 
posted by トシ999 at 17:06| Comment(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする