2017年08月01日

8月の鎌倉では何を見ましょうか

鎌倉の行事・イベント、8月にはいろいろあります。
8月6日〜9日 
8月6日(立秋の前日) 
8月7日 
8月9日 
8月10日 
8月10日 
8月16日 
8月19日 
8月20日
 
ぼんぼり祭(鶴岡八幡宮)
夏越祭(鶴岡八幡宮)
立秋祭(鶴岡八幡宮)
実朝祭(白旗神社:鶴岡八幡宮)
黒地蔵縁日(覚園寺)
四万六千日(杉本寺・長谷寺・安養院ほか)
閻魔縁日(圓應寺)※1月16日にも行われます。   
玉縄史蹟まつり(岡本郵便局手前の首塚)
鎌倉宮例祭(鎌倉宮)
 

ぼんぼり祭(鶴岡八幡宮)(2016年8月)>
 ぼんぼり祭.JPG


花としては、鎌倉検定公式テキストブックでは「サルスベリ、フヨウ」が紹介されています。
・サルスベリ・・・宝戒寺、本覚寺、極楽寺、本興寺、圓久寺、浄妙寺、海蔵寺    
・フヨウ・・・妙隆寺、浄泉寺、瑞泉寺、極楽寺
 

本覚寺のサルスベリ(2016年8月)>
 本覚寺サルスベリ.JPG

妙隆寺のフヨウ(2016年8月)>
 妙隆寺フヨウ.JPG

さて、暑い中、どこを散策するかですね。

 
posted by トシ999 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

鎌倉円覚寺の7月はどうでしょうか? 2017.7

7月も後半、「円覚寺」の様子を見てみました。

瑞鹿山円覚寺
参道を横切るJR横須賀線の踏切から「総門」を見る
 円覚寺踏切.JPG

「総門」前の階段脇は、緑に覆われています
 円覚寺総門.JPG

境内に入ると、「山門」前の階段脇も、緑に覆われています
 山門.JPG

北条時宗の廟所の「佛日庵」では、ムクゲが咲き始めています
 佛日庵ムクゲ.JPG

一番奥の「黄梅院」でも見るべき花は特にありません
 黄梅院.JPG

「方丈」では拝観後、庭園を眺めながら、ゆっくりと心身を休めましょう
 方丈.JPG

方丈庭園.JPG

「弁天堂」への長い階段では、暑さが増します
 弁天堂階段.JPG

 弁天堂と階段.JPG

 弁天堂.JPG

「弁天堂」の前には、国宝「洪鐘」の鐘楼があります
 洪鐘.JPG

 ※弁天堂との関わりは、「鎌倉検定−蒙古の襲来(1301年8月)を読む(14)」を参照。

境内では、サルスベリが咲き始めています
 サルスベリ.JPG

 
posted by トシ999 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

鎌倉海蔵寺の今は 2017.7

ノウゼンカズラ」が咲く、「海蔵寺」を見てみました。

 「ノウゼンカズラ」と言えば、妙本寺が有名ですが、シュロの木に蔓を巻き付ける海蔵寺も見逃せません。

扇谷山海蔵寺
 1394年創建。開山は、心昭空外(源翁禅師)。開基は、上杉氏定
 鎌倉公方足利氏満の命により創建されました。

山門の階段は、すでに「ハギ」が覆い始めています
 海蔵寺山門.JPG
 ※このお寺については、「鎌倉扇ヶ谷のお寺を見る(扇谷山)」を参照。

江戸時代建立の茅葺きの「庫裡」の前に、「ノウゼンカズラ」はあります
 ノウゼンカズラ1.JPG

 ノウゼンカズラ2.JPG

 ノウゼンカズラ3.JPG

「カマクラチョウ」の黒とよく似合います
 カマクラチョウ.JPG

境内では、「キキョウ」も咲いています
 キキョウ.JPG

本堂と庫裏の背後に作庭された禅宗風の庭園には、「ハンゲショウ」が見られました
 海蔵寺ハンゲショウ.JPG

 
posted by トシ999 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする