2017年07月09日

鎌倉東慶寺の今は 2017.7

「イワガラミ」や「アジサイ」のシーズンも終わり、「東慶寺」の様子を見てみました。

松岡山東慶寺
 臨済宗。1285年、北条時宗夫人の覚山尼が創建。
 ※このお寺については、「北鎌倉のお寺を見る(松岡山)」を参照。

山門:イラスト調にアレンジしてみました
 東慶寺山門イラスト.JPG

階段脇には、まだアジサイが見られました
 東慶寺山門アジサイ.JPG

「カシワバアジサイ」:境内ではアジサイは、ほとんどありません
 東慶寺カシワバアジサイ1.JPG

 東慶寺カシワバアジサイ2.JPG

本堂入口前の明治〜昭和時代の歌人「四賀光子」の覚山尼讃歌の歌碑
  「流らふる大悲の海に よばふこゑ 時をへだてて なほたしかなり」
 東慶寺四賀光子歌碑.JPG

本堂(泰平殿とも呼ばれる)
 東慶寺本堂.JPG

本尊釈迦如来坐像:イラスト調にアレンジしてみました
   本尊の左:二十世天秀尼像、右:開山覚山尼像と五世用堂尼像
 東慶寺本尊イラスト.JPG

「イワタバコ(ケイワタバコ)」が一面あった岩崖は、葉っぱで覆われています
 イワタバコ岩崖.JPG

露座の釈迦牟尼仏の背後のショウブ田の奥には、「ハンゲショウ」が見られます
 東慶寺ハンゲショウ1.JPG

 東慶寺ハンゲショウ2.JPG
 ※ハンゲショウ(半夏生)
  「鎌倉中央公園」の群生が有名です。(鎌倉検定公式テキストブックより)
 季節になると緑色の葉がまるで化粧でもしたように、日を追って白くなり、茎頂部に淡黄色の小さな花穂を垂れる。
 鎌倉中央公園が量感では随一の規模だが、広町緑地にも自生している。 
  →「6月の鎌倉の見どころは?」参照。
 
 最近は、その他の寺院でもよく見られます。
 ・報国寺→「鎌倉のハンゲショウ 2016.6」参照。
 ・杉本寺→「鎌倉のハンゲショウ 2016.6」参照。
 ・光則寺→「鎌倉光則寺の今は 2016.7」参照。
 ・その他、瑞泉寺、浄妙寺などにもありました。

 
posted by トシ999 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

鎌倉瑞泉寺の今は 2017.7

アジサイも終わりのシーズンの今、「瑞泉寺」の様子を見てみました。

通玄橋から瑞泉寺への道
遅くまでアジサイが見られる所ですが、さすがに色あせてきました
 アジサイ路1.JPG

 アジサイ路2.JPG

錦屏山瑞泉寺
拝観入口から山門への道は、うっそうとしています
 瑞泉寺拝観入口.JPG

 瑞泉寺参堂.JPG

山門:瑞泉寺は、1327年創建、開山は夢窓疎石(国師)です
 瑞泉寺山門.JPG

本堂の前では、これからのフヨウが出番を待っています
 瑞泉寺本堂.JPG

ヒメヒオウギズイセンが咲き、キキョウも咲き始めています
 ヒメヒオウギズイセン.JPG

 瑞泉寺キキョウ.JPG

アジサイは鐘楼の前にわずかに見られますが、剪定作業中です
 アジサイ.JPG

「瑞泉寺庭園」は、建長寺庭園、円覚寺庭園とともに「国指定名勝」です
名勝瑞泉寺庭園1.JPG 名勝瑞泉寺庭園2.JPG

※このお寺については、「鎌倉二階堂のお寺を見る(錦屏山)」を参照。

 
posted by トシ999 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

七夕祭を前にした鎌倉鶴岡八幡宮の今は 2017.7

7月の恒例行事「七夕祭」を控えて、鶴岡八幡宮の様子を見てみました。

鶴岡八幡宮の七夕祭とは(鎌倉検定公式テキストブックより)
 もともとは、一芸の上達を祈る行事で、大陸の乞巧奠(きっこうでん)と呼ばれる星祭りを移入したもの。幕末まで宮中では短冊に願いを書いて笹に吊したり、梶の葉に歌を書いて水に浮かべ、書や技芸の上達を星に願ったりした。
 同じ様なことが今も京都の冷泉家に伝えられている。これらを参考に、2004 年(平成16)から新たに催されることになったのが七夕祭。
 舞殿には五色に染められた絹糸や絹布、梶の葉などが供えられる。

 ※冷泉家:冷泉家の祖は、「冷泉為相」で、為相の母は、「十六夜日記」の著者「阿仏尼」です。
 藤原定家――藤原為家――冷泉為相   
  →「鎌倉検定−蒙古の襲来(1277年10月)を読む(5)」を参照。

太鼓橋(赤橋)の左右の飾り物
 太鼓橋.JPG

参道から見る舞殿と本宮
 参道からの景観.JPG

舞殿は、梶の葉の色紙、飾り物などで華やかです
 舞殿.JPG

 梶の葉.JPG

本宮(上宮)の楼門にも、くす玉と吹流しなどの七夕飾りが掲げられています
 本宮.JPG

源平池のハス
 1182年、源頼朝は妻政子の安産祈願のため、鶴岡八幡宮の参道「若宮大路」を造営しました。
 それとともに、源頼朝夫人の北条政子は、平家滅亡の悲願のため、大庭景義に命じ「源平池」を作らせました。
  →「鎌倉検定−頼朝の鎌倉入り(1182年3月15日)を読む(4)」を参照。

 ハスもこれからが本番でしょうか。

源氏池のハス
 紅白色とりどりです。
 源氏池ハス.JPG

 源氏池紅.JPG

 源氏池白.JPG

平家池のハス
 白いハスが占めています。
 平家池ハス.JPG

 平家池白.JPG

 
posted by トシ999 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする