2018年01月19日

鎌倉の寺院にまつわる伝説のこと−(2017年鎌倉検定1級の問題から)

1級の問題を見て、そこから鎌倉をよく知りましょう。

今回は、「鎌倉の寺院にまつわる伝説について」です。
[1]次の各問いについて,最も適当なものを1 〜 4 から選びなさい。
 ⒀ 次の伝説と関わりの深い寺院の組み合わせのうち,正しいものはいくつあるか。
  ア どこも苦地蔵…浄光明寺   イ 頰焼阿弥陀…光触寺
  ウ 夜毎に出歩く龍…浄智寺   エ 三門(山門)再建を勧進した狸…建長寺
  オ 境内創建地を導いた白鷺…円覚寺
  カ 北条義時の命を救った薬師堂の十二神将戌神…覚園寺 
  キ 日蓮が白猿に導かれた伝説の洞窟「南面窟」…妙法寺(大町)
  1 5 つ  2 4 つ  3 3 つ  4 2 つ
 

 ・どこも苦地蔵は、浄光明寺ではなく、「瑞泉寺」。
 ・夜毎に出歩く龍は、浄智寺ではなく、「常楽寺」。
 ・日蓮が白猿に導かれた伝説の洞窟「南面窟」は、妙法寺ではなく、「安國論寺」。

正解は、「2 4 つ」です。 

頰焼阿弥陀…光触寺
 光触寺の女が運慶に阿弥陀仏を彫るよう依頼した。女は出来上がった阿弥陀仏をほんの数日間拝んだだけで飽きてしまった。しかし、女に仕えていたお坊さん(万歳法師)は、毎日拝んでいた。
 ある日、女の家の物がなくなったことから、法師が盗んだとして、女は法師の頰に焼印を押すよう命じたが、焼印はつかなかった。
 数日後、女の夢の中へ阿弥陀仏が現れ、「何故私の頰に焼印を押すのだ」といった。
 光触寺の阿弥陀仏には、頰にこの焼印がある。 

岩蔵山光触寺の山門
 ・時宗。1279年創建。開山は作阿、開基は一遍。
 光触寺山門.JPG
 ※「頰焼阿弥陀如来像」は、6月と10月の第一土曜日には特別御開帳されます。

三門(山門)再建を勧進した狸…建長寺
 建長寺三門は江戸時代1775年に、万拙碩誼(ばんせつせきぎ)和尚などの努力によって再建されました。別名「狸の三門」といわれています。
 これは三門建立の折、この寺で育てられた古狸がその恩義に報いようと、僧侶の姿に身を変えて、住職を助けて各地を勧進したという言い伝えによります。 

巨福山建長寺の三門(三解脱門)
 ・後深草天皇の勅筆の「建長興国禅寺」の扁額が掲げられています。
 建長寺三門.JPG
 ※三門とは「三解脱門」の略です。 空・無相・無作を表し、この三門をくぐることに
  よってあらゆる執着から解き放たれることを意味します。

境内創建地を導いた白鷺…円覚寺
 8代執権北条時宗は、二度にわたる蒙古襲来の敵味方すべての戦没者供養のために、1282年、新しい寺を創建しようと寺地を探していた。
 なかなか適当な地が見つからないでいると、鶴岡八幡宮の神霊白鷺に姿を変え、北鎌倉にある池に舞い降りて導いたという。
 この鷺が舞い降りた場所が、今も円覚寺の門前にある「白鷺池」だといわれている。 

瑞鹿山円覚寺の白鷺池
 円覚寺白鷺池.JPG
 ※この池は、1889年(明治22)、横須賀軍港と首都東京を結ぶ国防上の必要から
  横須賀線が開通し、その線路で分断されて現在の姿になっています。

北条義時の命を救った薬師堂の十二神将戌神…覚園寺
 1218年、将軍源実朝の鶴岡八幡宮参拝に従っていた2代執権北条義時は、その晩、夢の中で戌神将が現れ「今年の将軍の参拝は無事であったが、来年の拝賀の日には供奉しないように」 と告げたという。夢から覚めた義時は、大倉郷に薬師堂を建立して、薬師如来像を安置した。
 1219年1月、鶴岡八幡宮で源実朝の右大臣拝賀の式に参列していた義時は、楼門に入るときに白い犬が楼門の傍らに見え、気分が悪くなり、その役を源仲章に譲って小町の屋敷に帰った。
 その後、実朝は甥の公暁によって暗殺された。義時の代役となった仲章も一緒に斬殺された。
 戌神将が白い犬に姿を変えて楼門に現れ、義時の命を救ったということのようである。 

鷲峰山覚園寺の山門
覚園寺山門.JPG
 ※辻の薬師堂(大町)の十二神将立像は、覚園寺の十二神将立像の原型といわれている
  とのことです。
  →「戌神将」については、「鎌倉国宝館HPの収蔵品紹介」を参照下さい。

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 鎌倉検定(過去問) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

鎌倉の寺院とその開基のこと−(2017年鎌倉検定1級の問題から)

1級の問題を見て、そこから鎌倉をよく知りましょう。

今回は、「寺院と開基の関係について」です。
[1]次の各問いについて,最も適当なものを1 〜 4 から選びなさい。
 ⑿ 次の寺院と開基の組み合わせのうち,正しいものはいくつあるか。    
  ア 海蔵寺…上杉氏定   イ 浄妙寺…足利義兼
  ウ 壽福寺…源実朝    エ 極楽寺…北条長時
  オ 浄智寺…北条師時   カ 宝戒寺…足利尊氏
  1 5 つ  2 4 つ  3 3 つ  4 2 つ
 

 ・開基は、寺院の創建に尽力したいわゆるスポンサーです。
  ・壽福寺の開基は、源実朝ではなく、「北条政子」。
  ・極楽寺の開基は、北条長時ではなく、「北条重時」。
  ・宝戒寺は後醍醐天皇が足利尊氏に命じて建立させましたが、宝戒寺案内板では、
   開基は「後醍醐天皇」となっています。
宝戒寺案内板.JPG

正解は、「3 3 つ」です。 

扇谷山海蔵寺…上杉氏定
 ・開山は心昭空外(源翁禅師)。
  1394年、「上杉氏定」が鎌倉公方足利氏満の命により創建。

境内の様子と心昭空外坐像が安置されている「本堂」
 海蔵寺本堂.JPG
 ※このお寺については、「鎌倉扇ヶ谷のお寺を見る(扇谷山)」を参照。

稲荷山浄妙寺…足利義兼
・開山は退耕行勇。鎌倉五山第五位。
 1188年、「足利義兼」が極楽寺という密教系の寺として創建。
 のちに、月峯了然が住職となり臨済宗に改められ、寺名も現在の名前になりました。

本尊釈迦如来坐像が祀られている「本堂」
 浄妙寺本堂.JPG
 ※このお寺については、「鎌倉浄明寺のお寺を見る(稲荷山)」を参照。

金宝山浄智寺…北条師時
 ・開山に南洲宏海、大休正念、兀菴普寧の3人。鎌倉五山第4位。
  5代執権の北条時頼の三男宗政は、29歳の若さで亡くなりました。
  1281年、その菩提を弔うために宗政夫人が幼少の「北条師時」を開基にして創建。

木造三世仏坐像が安置されている仏殿の「曇華殿」
 浄智寺曇華殿.JPG
 ※このお寺については、「北鎌倉のお寺を見る(金宝山)」を参照。

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 鎌倉検定(過去問) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

北条氏・足利氏の墓・廟所・供養塔のこと−(2017年鎌倉検定1級の問題から)

1級の問題を見て、そこから鎌倉をよく知りましょう。

今回は、「北条氏・足利氏の墓・廟所・供養塔について」です。
[1]次の各問いについて,最も適当なものを1 〜 4 から選びなさい。
 ⑾ 次の北条氏・足利氏の人物とその墓・廟所・供養塔がある場所の組み合わせの
  うち,正しいものはいくつあるか。
  ア 北条義時…法華堂跡     イ 北条政子…壽福寺,安養院
  ウ 北条時宗…佛日庵(円覚寺) エ 北条時頼…建長寺
  オ 足利基氏…浄妙寺      カ 足利義詮…浄光明寺
  1 6 つ  2 5 つ  3 4 つ  4 3 つ
 

 ・北条時頼の墓は、建長寺ではなく、「明月院」。
 ・足利基氏の墓は、「瑞泉寺」。浄妙寺にあるのは、足利貞氏と足利直義の墓。
 ・足利義詮は、浄光明寺ではなく、「円覚寺黄梅院」に分骨されています。

正解は、「4 3 つ」です。 

北条義時の墓…法華堂跡
 ・2005年(平成17)、源頼朝墓東隣の山の中腹から北条義時のものと考えられる
  「法華堂跡」が発掘されました。
  この法華堂跡から少し東に入った山腹に、義時のやぐらと言われるやぐらがあるよう
  です。
 北条義時の法華堂跡1.JPG

 北条義時の法華堂跡2.JPG

 この平場は、鎌倉幕府第2代執権の北条義時の法華堂(墳墓堂)が建っていた跡です。
 義時は1224年に62歳で没しました。『吾妻鏡』には、源頼朝の法華堂の東の山上を墳墓の地とし、そこに新法華堂(義時の法華堂)を建てたことが記されています。
 義時の法華堂は鎌倉時代の終わりには途絶えたようですが、平成17年(2005)に行われた発掘調査により8.4m四方の平面正方形の建物跡が確認され、『吾妻鏡』の記述が裏付けられました。 

北条政子の墓…壽福寺,安養院
 ・「壽福寺」は、1200年、北条政子が栄西を招いて開山しました。
  境内裏の墓地に、「北条政子の墓と伝わる五輪塔」があります。
 壽福寺北条政子の墓.JPG

 ・北条政子が開基となる「安養院」本堂裏手に二基の宝篋印塔があり、向かって左の
  小さな石塔が「北条政子の墓(供養塔)」です。
 安養院北条政子の墓.JPG

北条時宗の廟所…佛日庵(円覚寺)
 ・北条時宗の廟所である「円覚寺佛日庵」には、北条時宗、貞時、高時の棺が安置して
  ある「開基廟」があり、3人の木像坐像が祀られています。
 佛日庵.JPG

 北条時宗の廟所.JPG

 北条時宗像.JPG

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 鎌倉検定(過去問) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする