2018年06月08日

鎌倉二階堂周辺のアジサイの今は 2018.6

この季節、鎌倉宮と瑞泉寺の辺りの「アジサイ」の様子を見てみました。

「鎌倉宮」周辺の「アジサイ」の様子
鎌倉宮参道から正面の社殿を望む
 ・1869年(明治2)、明治天皇により創建。祭神は大塔宮護良親王。
 鎌倉宮.JPG

結都実参道(むつみさんどう)脇には、「アジサイ」が少し見られます
 ※結都実参道:
  「バリアフリー新法」の施行に伴い、県や市の指導を受け完成したスロープの参道。
 結都美参道.JPG

 結都美参道アジサイ1.JPG

 結都美参道アジサイ2.JPG

本殿横の小路では、「護良親王の土牢」まで「アジサイ」は見られません
 鎌倉宮本殿横小路.JPG

「護良親王の土牢」辺りから徐々に、「アジサイ」が見えてきます
 護良親王土牢アジサイ.JPG

 鎌倉宮アジサイ1.JPG

 鎌倉宮アジサイ2.JPG

 鎌倉宮アジサイ3.JPG

 鎌倉宮アジサイ4.JPG

「錦屏山瑞泉寺」周辺の「アジサイ」の様子
鎌倉宮から瑞泉寺に向かう途中の「永福寺旧蹟の石碑」横に、「アジサイ」が
 永福寺旧蹟石碑.JPG

瑞泉寺に向かう通玄橋辺りから右側に、「アジサイ」が見えてきます
 通玄橋アジサイ.JPG

瑞泉寺に向かう道路の右脇には、色とりどりの「アジサイ」が咲いています
 道路脇アジサイ1.JPG

 道路脇アジサイ2.JPG

 道路脇アジサイ3.JPG

 道路脇アジサイ4.JPG

 道路脇アジサイ5.JPG

瑞泉寺に入って、本堂周辺では、「キンシバイ」が見ごろです
 ・1327年、創建。開山は夢窓疎石(国師)。
 瑞泉寺本堂キンシバイ.JPG

 瑞泉寺本堂キンシバイ2.JPG

<境内には、それほど多くの「アジサイ」は見られません
 瑞泉寺アジサイ1.JPG

 瑞泉寺アジサイ2.JPG

 瑞泉寺アジサイ3.JPG

 瑞泉寺アジサイ4.JPG

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 日記_2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

鎌倉東慶寺の今は 2018.6

本堂裏イワガラミ特別公開」(5/19〜6/10)もあとわずかの日程で終りです。
 すでに「イワタバコ」や「ハナショウブ」などは見ごろです。

松岡山東慶寺(山ノ内)
 ・臨済宗。1285年、北条時宗夫人の覚山尼が創建。
 東慶寺山門.JPG
 ※このお寺については、「北鎌倉のお寺を見る(松岡山)」を参照。

1本の木から崖一面を覆うほどに成長した「イワガラミ」
 ・岩や木に絡みついて登るところからこの名がついています。
 ・中央に両性花が咲き、その周辺には1枚の白色のガクからなる装飾花があります。
 東慶寺イワガラミ1.JPG

 東慶寺イワガラミ2.JPG

 東慶寺イワガラミ3.JPG

 東慶寺イワガラミ4.JPG

 東慶寺イワガラミ5.JPG

露座の釈迦牟尼仏の背後の「ハナショウブ」は見ごろになっています
 東慶寺ハナショウブ1.JPG

 東慶寺ハナショウブ2.JPG

 東慶寺ハナショウブ4.JPG

参道奥の岩崖の「ケイワタバコ(イワタバコ)」は見ごろです
 ・イワタバコの変種で、葉裏やガクなどに毛がはえているのが特徴です。
 ・花期が普通のイワタバコより約1ヶ月早く、6月〜7月です。
 東慶寺岩崖ケイワタバコ1.JPG

 東慶寺岩崖ケイワタバコ2.JPG

 東慶寺岩崖ケイワタバコ3.JPG

 東慶寺岩崖ケイワタバコ4.JPG

 東慶寺岩崖ケイワタバコ5.JPG

釈宗演や天秀尼の墓の岩崖の「ケイワタバコ(イワタバコ)」も見ごろです
 東慶寺釈宗演ケイワタバコ1.JPG

 東慶寺釈宗演ケイワタバコ2.JPG

 東慶寺釈宗演ケイワタバコ3.JPG

 東慶寺釈宗演ケイワタバコ4.JPG

「高見順(小説家、詩人)」は、境内奥の方でひっそり眠っています
 高見順の墓1.JPG

 高見順の墓2.JPG

 高見順の墓3.JPG


※5月の東慶寺は、「鎌倉東慶寺のイワガラミとイワタバコの今は 2018.5」を参照。

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 日記_2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

鎌倉明月院の今は 2018.6

この季節、アジサイ寺は、平日でも大混雑しています。
 「ハナショウブ」が見ごろの本堂後庭園もオープンしています。

福源山明月院(山ノ内)
明月院パンフレット.jpg・「明月院パンフレット」からの要約

明月庵」の創建は1160年に始まる。
この地の武将で平治の乱で戦死した山内首藤俊道の菩提供養の為、俊道の子、山内首藤経俊によって創建。

その後、1256年、北条時頼によってこの地に「最明寺」を建立。
最明寺が廃寺後、北条時宗によって最明寺を前身として、「禅興寺」を再興。

1380年、鎌倉公方足利氏満が関東管領上杉憲方に禅興寺の中興を命じた。
足利義満の天下のとき、禅興寺を関東十刹の一位とし、明月庵は「明月院」と改められ子院の首位に置く。
禅興寺は、明治初年に廃寺となり、「明月院」のみを残し今日に至る。

 ※このお寺については、「北鎌倉のお寺を見る(福源山)」を参照。

正面入り口から「アジサイ」が咲き乱れています
 明月院門前.JPG

総門から入って、混雑をかき分けて明月院ブルーを堪能
 明月院アジサイ1.JPG

 明月院アジサイ2.JPG

 明月院アジサイ3.JPG

 明月院アジサイ4.JPG

 明月院アジサイ5.JPG

 明月院アジサイ6.JPG

 明月院アジサイ7.JPG

 明月院アジサイ8.JPG

 明月院アジサイ9.JPG

本堂後庭園の拝観券(500円)で、「ハナショウブ」が観賞できます
明月院本堂後庭園拝観券.jpg

青地蔵、赤地蔵、ウサギの置物
 明月院青地蔵.JPG

 明月院赤地蔵.JPG

 明月院ウサギの置物.JPG

色々な「ハナショウブ」が見ごろです
 明月院ハナショウブ1.JPG

 明月院ハナショウブ2.JPG

 明月院ハナショウブ3.JPG

明月院ハナショウブ4.JPG

 明月院ハナショウブ5.JPG

 明月院ハナショウブ6.JPG

明月院ハナショウブ7.JPG

明月院ハナショウブ8.JPG

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 日記_2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする