2023年12月14日

鎌倉の名所シリーズ―かながわの景勝50選

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
12月は、特別企画「鎌倉の名所シリーズ」として、鎌倉のよく見る景色をまとめてお届けします。
今回は、「かながわの景勝50選」です。

かながわの景勝50選
 ・1979年(昭和54年)に定められた「かながわの景勝50選」のうち、鎌倉には次の3ヶ所があります。
  「鎌倉十王岩の展望」「稲村ヶ崎からの展望」「光明寺裏山の展望
 ・季節によって見え方、景色が変わる所もあります。

@鎌倉十王岩の展望(今泉台)
 ・かながわの景勝50選「鎌倉十王岩の展望」石碑
 十王岩の展望石碑_R.JPG

 ・鎌倉の緑の山並みと鶴岡八幡宮段葛、若宮大路、相模湾の展望が開けています。
 十王岩の展望1月_R.JPG

 十王岩の展望6月_R.JPG

 若宮大路_R.JPG

 ・十王岩には、3体の仏像(観音菩薩、地蔵菩薩、閻魔大王)が刻まれています。
 十王岩_R.JPG


A稲村ヶ崎(稲村ヶ崎)
 ・かながわの景勝50選「稲村が崎」石碑
 稲村ヶ崎石碑_R.jpg

 ・七里ヶ浜の向こうに、江の島と富士山の展望が開けています。
 稲村ヶ崎の展望2月_R.JPG

 稲村ヶ崎の展望6月_R.JPG

 稲村ヶ崎の展望9月_R.JPG

 稲村ヶ崎の展望10月_R.JPG


B光明寺裏山の展望(材木座)
 ・かながわの景勝50選「光明寺裏山の展望」石碑
 光明寺裏山の展望石碑_R.JPG

 ・光明寺山門を前景として、材木座海岸、稲村ヶ崎、富士山の展望が開けています。
 光明寺裏山の展望1_R.JPG

 光明寺裏山の展望2_R.JPG

 光明寺裏山の展望3_R.JPG

 光明寺裏山の展望4_R.JPG

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2023 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月09日

鎌倉の名所シリーズ―鎌倉五山

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
12月は、特別企画「鎌倉の名所シリーズ」として、鎌倉のよく見る景色をまとめてお届けします。
今回は、「鎌倉五山」です。

季節によりいろいろな景色が楽しめる鎌倉五山です。

鎌倉五山
 ・1342年、室町幕府3代将軍足利義満は、鎌倉五山を「建長寺、円覚寺、壽福寺、浄智寺、浄妙寺」の順で定め、禅宗の寺院で最も格式の高い寺としました。

@巨福山建長寺(山ノ内)
 ・ビャクシンの木が立ち、「天下禅林」の額が掲げられている西外門
 建長寺西外門_R.JPG

 ・春、桜が咲く三門へ向かう参道
 建長寺桜三門_R.JPG

 ・本尊「地蔵菩薩像」が祀られている仏殿
 建長寺仏殿_R.JPG

A瑞鹿山円覚寺(山ノ内)
 ・冬、紅葉の季節の総門前
 円覚寺総門_R.JPG

 ・伏見上皇勅筆の扁額「圓覚興聖禅寺」が掲げられている山門
 円覚寺山門_R.JPG

 ・本尊「宝冠釈迦如来坐像」が祀られている仏殿
 円覚寺仏殿_R.JPG

B亀谷山壽福金剛禅寺(扇ガ谷)
 ・総門
 壽福寺総門_R.JPG

 ・冬、紅葉の季節の総門から中門へ向かう参道
 壽福寺紅葉_R.JPG

 ・本尊「宝冠釈迦如来像」が祀られている本堂
 壽福寺仏殿_R.JPG

C金宝山浄智寺(山ノ内)
 ・春、シャガの咲く鐘楼門へ向かう参道階段
 浄智寺シャガ_R.JPG

 ・冬、イチョウの落葉の絨毯の奥に見える本尊「三世仏坐像」が祀られている曇華殿
 浄智寺曇華殿黄葉_R.JPG

 ・秋、シュウメイギクが咲く書院裏の庭園
 浄智寺シュウメイギク_R.jpg

D稲荷山浄妙寺(浄明寺)
 ・春、桜の咲く山門前
 浄妙寺桜_R.JPG

 ・冬、イチョウ黄葉と本尊「釈迦如来坐像」が祀られている本堂
 浄妙寺イチョウ黄葉_R.JPG

 ・初夏、アジサイ「アナベル」の咲く石窯ガーデンテラス前
 浄妙寺アナベル_R.JPG

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2023 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月05日

鎌倉の名所シリーズ―鎌倉のシンボル

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
12月は、特別企画「鎌倉の名所シリーズ」として、鎌倉のよく見る景色をまとめてお届けします。
今回は、「鎌倉のシンボル」です。

@ 国宝鎌倉大仏
A 源頼朝像
B 鎌倉市の花:リンドウ、木:ヤマザクラ
C 鎌倉市の市章:ササリンドウ、マンホールの図案
D 旧鎌倉町の町章:星月マーク

@国宝鎌倉大仏「銅造阿弥陀如来坐像」(高徳院)
 ・北条泰時の時代に、僧浄光が諸国を勧進して浄財を集め、1238年に造り始め、
  1243年に大仏開眼が行われました。この時、建立した大仏は木造でした。
 ・その後、1247年、大風で倒壊したため、1252年に現在の青銅像が鋳造され、
  大仏殿に安置されました。
 高徳院鎌倉大仏1_R.JPG

 高徳院鎌倉大仏2_R.JPG

 高徳院鎌倉大仏3_R.JPG

A源頼朝像:源氏山公園
 源頼朝像1_R.JPG

 源頼朝像2_R.JPG

 源頼朝像3_R.JPG

B鎌倉市の花:リンドウ、 木:ヤマザクラ
 ・リンドウ(海蔵寺)
 リンドウ_R.JPG

 ・ヤマザクラ(六国見山)
 ヤマザクラ_R.JPG

C鎌倉市の市章:ササリンドウ、マンホールの図案
 ・鎌倉市HPササリンドウ
 鎌倉市市章ササリンドウ1.jpg

 ・マンホールの図案(市内各地)
 市章ササリンドウ_R.JPG

D旧鎌倉町の町章:星月マーク
 ・鎌倉国宝館の入口の窓のステンドグラス
 collage星月マーク1.jpg

 ・巨福呂坂洞門内に置かれたライトアップ用ライト
 collage星月マーク2.jpg

 ・マンホールの図案(極楽寺)
 マンホール星月マーク_R.JPG

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2023 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする