2023年01月27日

2022年鎌倉検定3級の問題から見る鎌倉(14)−大倉幕府跡の裏山にあった持仏堂

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
2022年11月に3年ぶりに行われた鎌倉検定の3級の問題から、鎌倉を振り返ってみましょう。

今回は、「大倉幕府跡の裏山にあった持仏堂」についてです。
[1]鎌倉の歴史・旧跡に関する記述について,最も適当なものを1 〜 4 から選びなさい。
 ⒁ 大倉幕府跡の裏山にあった持仏堂に葬られ,江戸時代に造られた墓所が現在も残る人物はだれか。
  1 大江広元  2 北条義時  3 源頼朝  4 北条政子

 ・源頼朝は、53歳で死去後、自身の持仏堂であった法華堂に祀られました。

正解は、「3 源頼朝」です。

 ※大倉幕府跡の裏山の持仏堂は、「源頼朝の墓を訪れる 2020.10」を参照。

源頼朝の墓(西御門)
「源頼朝の墓」の場所
 白旗神社 頼朝の墓地図.jpg

「源頼朝の墓」の案内板
 源頼朝墓案内板_R.JPG

 ・「源頼朝の墓」は、江戸時代に頼朝の子孫と称した薩摩藩主・島津重豪が建てたもの
  で、この辺りが法華堂跡とされ、もとは頼朝の持仏堂でした。
 源頼朝の墓_R.JPG

白旗神社前に建っている「法華堂跡」の石碑
法華堂跡石碑.JPG
・堂はもと頼朝の持仏を祀っていましたが、頼朝の死後その廟所になりました。

・建暦三年(1213年)5月、和田義盛が、反乱を起こし、火を幕府に放った時、将軍実朝が避難したのがこの場所です。

・宝治元年(1247年)6月5日、三浦泰村がここにこもり、北条軍を迎え撃ったが、刀折れ矢尽きて一族郎党500人ばかり自殺し、庭一面を赤黒色に染めた場所でもあります。

<白旗神社由緒記>
 白旗神社由緒記_R.JPG

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定(過去問) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月26日

2022年鎌倉検定3級の問題から見る鎌倉(13)−鎌倉幕府が置かれた場所

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
2022年11月に3年ぶりに行われた鎌倉検定の3級の問題から、鎌倉を振り返ってみましょう。

今回は、「鎌倉幕府が置かれた場所」についてです。
[1]鎌倉の歴史・旧跡に関する記述について,最も適当なものを1 〜 4 から選びなさい。
 ⒀ 源氏三代と尼将軍とも呼ばれた北条政子の時代に,幕府が置かれた場所とされる旧跡はどこか。
  1 宇津宮辻子幕府跡   2 大倉幕府跡
  3 若宮大路幕府跡    4 由比若宮幕府跡

 ・宇津宮辻子幕府:1225年、将軍御所が「大倉」から「宇津宮辻子」に移されました。
 ・大倉幕府:1180年、最初の幕府が置かれました。
 ・若宮大路幕府:1236年、宇津宮辻子幕府から若宮大路幕府に移りました。
 ・由比若宮幕府:存在しませんでした。

正解は、「2 大倉幕府跡」です。

 ※大倉幕府は、「ふりかえり鎌倉―鎌倉幕府の開府(鎌倉検定:歴史・旧跡編(3))」を参照。

鎌倉幕府の沿革
鎌倉幕府跡の地図
 鎌倉幕府跡地図.jpg

初め大蔵の地にあった鎌倉幕府跡(雪ノ下)
 大倉幕府跡_R.JPG

大倉幕府旧蹟の石碑
大倉幕府旧蹟石碑_R.JPG今から737年前の昔、治承四年(1180年)、源頼朝邸をこの場所に造り、天下の政権を握るようになってからは、この邸宅に於いて政治を行いました。

いわゆるこれが大蔵幕府です。

以来、頼家、実朝を経て、嘉禄元年(1225年)、政子が亡くなり、幕府が宇津宮辻に移るまで、この地が幕府の中心であったのは実に46年間でした。

大倉幕府 
1180〜1225年
・1180年、源頼朝は、かつて源頼義が創建した鶴岡若宮(由比若宮)を小林郷松ヶ岡に移しました。
・最初の幕府「大倉幕府」は、鶴岡八幡宮の東側、大倉の地(現在の「清泉小学校」付近)に置かれました。
・「大倉幕府」は、1180年から宇津宮辻子に移転する1225年までの45年間、この地にありました。
宇津宮辻子幕府
1125〜1236年
・1224年に2代執権北条義時が、1225年に北条政子も亡くなると、北条泰時は幕府を大倉から「宇津宮辻子」に移しました。
・北条泰時は、この地に幕府を移し、4代将軍藤原頼経を擁して、1225年から1236年までの約11年間、執権として政務にあたりました。
・現在、宇津宮辻子幕府跡には宇都宮稲荷が祀られています。
若宮大路幕府
1236〜1333年
・1236年、北条泰時は、宇津宮辻子幕府を北側に位置する若宮大路幕府へ移転させました。
・この移転により鎌倉の町の中心は、鶴岡八幡宮とそれから延びる若宮大路に移って行きました。
・若宮大路幕府は、1236年〜1333年まで、97年間の将軍御所でありました。
・この間、将軍は、「藤原頼経→藤原頼嗣→宗尊親王→惟康親王→久明親王→守邦親王」と代わっていきました。


 
posted by トシ999 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定(過去問) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月23日

2022年鎌倉検定3級の問題から見る鎌倉(12)−すべてのやぐらの形式が見られる場所

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
2022年11月に3年ぶりに行われた鎌倉検定の3級の問題から、鎌倉を振り返ってみましょう。

今回は、「すべてのやぐらの形式が見られる場所」についてです。
[1]鎌倉の歴史・旧跡に関する記述について,最も適当なものを1 〜 4 から選びなさい。
 ⑿ 一般的なやぐらの形から珍しい様式のものまで,鎌倉にあるほぼすべてのやぐらの形式が見られるのはどこか。
  1 瑞泉寺やぐら群   2 瓜ヶ谷やぐら群
  3 明月院やぐら    4 百八やぐら

 ・瑞泉寺やぐら群:天園ハイキングコースの瑞泉寺の裏山にあるやぐら群。
 ・瓜ヶ谷やぐら群:「葛原岡神社の北側の谷」にある五穴からなるやぐら群。
 ・明月院やぐら:明月院開基の上杉憲方を祀る宝篋印塔が安置されたやぐら群。
 ・百八やぐら:約百八十穴ほどあるといわれ、鎌倉で最も規模が大きいやぐら群。

正解は、「4 百八やぐら」です。

 ※やぐらは、「やぐらのこと―鎌倉検定2014年1級の問題から見た鎌倉(5)」を参照。

百八やぐら(二階堂)
 ・天園ハイキングコースの覚園寺道、「杉ヶ谷」と呼ばれる谷戸の斜面にあります。
 ・約百八十穴ほどあるといわれ、鎌倉で最も規模が大きいやぐら群。
  数が多いことから、仏教でいう百八の煩悩になぞらえて名付けられた。
 ・一般的な形から珍しい様式まで、鎌倉にあるほぼすべてのやぐらの形式が見られる。
 百八やぐら1_R.JPG

 百八やぐら2_R.JPG

 百八やぐら3_R.JPG

 百八やぐら4_R.JPG

 百八やぐら5_R.JPG

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定(過去問) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする