2023年01月21日

2022年鎌倉検定3級の問題から見る鎌倉(11)−「前浜」と呼ばれた場所

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
2022年11月に3年ぶりに行われた鎌倉検定の3級の問題から、鎌倉を振り返ってみましょう。

今回は、「“前浜”と呼ばれた場所」についてです。
[1]鎌倉の歴史・旧跡に関する記述について,最も適当なものを1 〜 4 から選びなさい。
 ⑾ 鎌倉時代には「前浜」と呼ばれ,小笠懸や流鏑馬,犬追物などの武芸の修練場とされていたのはどこか。
  1 七里ヶ浜  2 由比ヶ浜  3 片瀬東浜  4 稲村ヶ崎

 ・七里ヶ浜:稲村ヶ崎から小動岬までの約2.9キロメートルの海岸。
 ・由比ヶ浜:鎌倉時代には「前浜」とも呼ばれました。
 ・片瀬:片瀬川の曲流により、堆積面が瀬になるからというのが地名の由来。
 ・稲村ヶ崎:鎌倉の海岸線を由比ヶ浜と七里ヶ浜に分ける岬。

正解は、「2 由比ヶ浜」です。

 ※由比ヶ浜は、「鎌倉の地名の由来を見てみました(7)」を参照。

由比ヶ浜(ゆいがはま)
 ・鎌倉時代には「前浜」とも呼ばれました。
 ・名前の由来は、由比郷内にあったからとも、「結」という相互に助け合う組合のような組織の名からきているともいわれています。

「由比ヶ浜」に関するトピックス
 ・由比ガ浜3丁目の「長谷小路周辺遺跡」発掘調査(2016年(平成28))で、由比ヶ浜の砂丘上から古墳時代の箱式石棺墓が出土。
 石棺墓全景.jpg

 ・鎌倉時代前期の海道記には、鎌倉が繁栄していた様子が次のように記されています。
  “由比ヶ浜には、「数百艘の船がつながれていて、近江の大津浦のようである」”

 ・1213年の和田合戦では、和田義盛軍が北条軍に押されに退いた所が由比ヶ浜。
  翌日、由比ヶ浜や若宮大路で戦闘が行われ、義盛らが戦死して合戦は終結しました。

 ・1880年(明治13)、ドイツの医学者ベルツ博士が、「鎌倉は保養地として最適な地である」と紹介しました。
 ・1884年(明治17)、医師長与専斎が、由比ヶ浜を「鎌倉の浜辺は海水浴場として理想的な海」と紹介しました。
  また、由比ヶ浜に別荘を建て、1887年(明治20)、日本初のサナトリウム(結核療養所)「海浜院」を開設しました。
 鎌倉海浜ホテル石碑.JPG

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉検定(過去問) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月20日

鎌倉妙本寺の紅梅・白梅を見る 2023.1

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
妙本寺では、「紅梅や白梅」が早くから少しずつ咲き始めています。
まだ、蕾も多いです。
また、ロウバイが満開で見られます。

長興山妙本寺(大町)
 ・1260年創建。開山は日蓮。開基は比企能員の子、比企能本。
 ・山号の「長興」は比企能本の父能員の法号、寺号の「妙本」は母の法号。

 ※比企能員は、「鎌倉検定対策−鎌倉殿の13人(比企能員)」を参照。

「祖師堂」とその参道の様子
 妙本寺祖師堂_R.JPG

祖師堂左横の「紅梅」や「白梅」の様子
 妙本寺梅1_R.JPG

 妙本寺梅2_R.JPG

 妙本寺紅梅1_R.JPG

 妙本寺紅梅2_R.JPG

 妙本寺白梅1_R.JPG

 妙本寺白梅2_R.JPG

祖師堂前の「ロウバイ」の様子
 妙本寺ロウバイ1_R.JPG

 妙本寺ロウバイ2_R.JPG

 妙本寺ロウバイ3_R.JPG

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2023 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月19日

鎌倉光則寺のロウバイを見る 2023.1

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
光則寺では、あちらこちらで「ロウバイ」が咲いています。
その他、センリョウ、マンリョウ、ツバキなども見られます。

行時山光則寺(長谷)
 ・日蓮宗。1274年創建。開基は宿谷光則。開山は日朗。
 ・北条時頼の家臣の宿谷光則は、日蓮の佐渡流罪時に捕えられた日朗を、自邸のこの地
  で監視する任につきました。
 ・宿谷光則は、自らの不運を嘆くことなく弟子の身を案ずる日蓮に心を打たれ、のちに
  帰依して自邸を寺にしました。

門前では、「ロウバイ(ソシンロウバイ)」が咲いています
 光則寺ロウバイ1_R.JPG

境内でもあちらこちらで、「ロウバイ」が咲いています
 ・ワロウバイ
 光則寺ワロウバイ_R.JPG

 ・ソシンロウバイ
 光則寺ロウバイ2_R.JPG

 光則寺ソシンロウバイ_R.JPG

「マンリョウ」も、あちらこちらでたくさん見られます
 光則寺マンリョウ_R.JPG

「センリョウ」、「キミノセンリョウ」も見られます
 光則寺センリョウ_R.JPG

 光則寺キミノセンリョウ_R.JPG

「ツバキ」も、いろいろ咲き始めて、これからです
 光則寺ツバキ1_R.JPG

 光則寺ツバキ2_R.JPG

 光則寺ワビスケ_R.JPG

 
posted by トシ999 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2023 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする