2018年01月25日

鎌倉のカワヅザクラと梅の様子は? 2018.1

鎌倉では、これから各所で梅が見られますが、荏柄天神社の今はどうでしょうか。
 その前に、12月からカワヅザクラが咲いていた鎌倉宮は、どうなっているでしょうか。

鎌倉宮(二階堂)
 ・1869年(明治2)、明治天皇により創建。祭神は大塔宮護良親王。
 ※12月の様子は、「なんと鎌倉宮のカワヅザクラが!!」を参照。

鳥居の前、右側のカワヅザクラは、咲いていますね
 鎌倉宮カワヅザクラ1.JPG

 鎌倉宮カワヅザクラ2.JPG

左側のカワヅザクラは、さすがに盛りを過ぎたようです
 鎌倉宮カワヅザクラ3.JPG

 鎌倉宮カワヅザクラ4.JPG

荏柄天神社(二階堂)
 ・1104年創建。主祭神は菅原道真。
  にわかにかき曇った天から天神画像が降ってきたのを人々は恐れ、その場所に社殿を
  造営し、画像を納めたと伝えられています。

 ・京都の北野天満宮、福岡の大宰府天満宮とともに、日本三大天神のひとつ。
  天神とは学問の神様として知られる菅原道真のこと。

 ・源頼朝は、幕府の鬼門の守護神として荏柄天神社を崇敬したとされます。
 荏柄天神社.JPG

拝殿の右側には、「寒紅梅」、左側には、「古代青軸」という梅があります
 荏柄天神社拝殿.JPG

「寒紅梅」は、鎌倉一早く咲くといわれているとおり、ほぼ満開です
 寒紅梅1.JPG

 寒紅梅2.JPG

 寒紅梅3.JPG

「古代青軸」は、花の中心が青みがかっているという白梅で、まだ蕾です
 古代青軸.JPG

鶴岡八幡宮 源氏池の傍らにある白梅
この梅も結構早く咲きますが、もう咲き始めています
 鶴岡八幡宮白梅1.JPG

 鶴岡八幡宮白梅2.JPG

ユリカモメも何を思う・・・
 ユリカモメ.JPG


※鎌倉の梅では、今の時期、長谷寺の「冬至梅」の様子も気になるところです。
 
 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 日記_2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

2017年の鎌倉市の人口推移はどうなっているのでしょうか

鎌倉市の人口地域について見てみました。

人口は、この1年間、約17万人で推移しています
 2017鎌倉市人口.jpg

鎌倉市の地形は、烏帽子をかぶった白拍子がひざまずいたような形をしています
 鎌倉市地形.jpg

行政の地域としては、大きく5つの地域に分けられます。面積は、39.53㎢
鎌倉市の地域.jpg

地域名称
特  徴
・鎌倉地域   市街地区 
・腰越地域   漁業と住宅地 
・深沢地域   住宅地と工場地帯 
・大船地域   住宅地と商工業地帯 
・玉縄地域   住宅地と農地が多く残る 

天園から見る「鎌倉市街地」の様子
 鎌倉市街地.JPG

 
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

2017年の鎌倉検定の受験動向はどうだったか?

鎌倉検定の受験の状況を見てみましょう。

 2017年11月実施の結果が、「鎌倉検定公式HP」で紹介されています。

 2017年は、全部で740名の人が受験しています。(2016年は738名)
 受験者数は、ここ数年一定の状態で推移しています。(下記グラフ参照)

 これからもさらに新たな鎌倉ファンが増えることを期待します。

 なお、1級では、前回の合格率を下回っており、問題が難しかったのでしょう。
 公式テキストブックをしっかり読んで、過去問を見て、鎌倉をあちこち散策すれば、大丈夫です。
 
 鎌倉検定1級合格を目指せるよう、情報発信をしていきたいと思います。

受験者数の推移
2017鎌倉検定受験者数.jpg

 
ラベル:鎌倉 鎌倉検定
posted by トシ999 at 08:00| Comment(0) | 鎌倉検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする